movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ハウルの動く城

b0033799_22192038.jpg
監督:宮崎 駿
声:倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 我修院達也 神木隆之介
2004年 日本

昨日の「Mr.インクレディブル」に続き、今日は早速スタジオジブリの新作「ハウルの動く城」を見に行きました。池袋で見たんだけど、すごい人!!なんかすでに興行収入新記録、みたいなニュースが出てましたね。もうジブリ作品は黙ってても客が呼べる状態。作品がいいとか悪いとか関係なくなってきました。

ジブリ作品は好きだけど・・・・うーん。惜しいかな。言いたいこと、テーマを詰め込みすぎて消化不良という印象でした。なんでそうなったの?とかどうしてそう思ったの?とか、キャラクターの行動の理由や心の移り変わりがわからない。どのキャラクターにも感情移入できず終わってしまった。全部説明するのがいいとは思わないけど、そこはちゃんと説明したほうがいいんじゃない?というところがわからなくて、ストーリーが大雑把。それにジブリの作品は毎回どこかとても心に残るシーンがあったりするんだけど、今回はなかったかな。しいて言えば、悪魔の炎とハウルの弟子の男の子のキャラクターがよかった。

表情豊かなキャラクター達に美しい映像は堪能できたけど、「動く城」のデザインのインパクトが強くてそれだけに頼ってしまった印象がある。あの城が出てきただけですごくワクワクするんだけど、ただそれだけ。

キムタクの声は、心配してたほどキムタクオーラは出てなかった(笑)でもハウルの顔がキムタクに似てる・・・・。どちらかというと倍賞千恵子の声のほうが無理があったような。美輪明宏はさすが!安心して見れます。

今回は、時間がなくて急いで作ってしまったという感じ。宮崎駿監督には、時間がかかってもいいから自分の本当に作りたいものを丁寧に作って欲しいなと思ってしまった。才能があるんだからもったいない!!

ハウルの動く城 オフィシャルサイト

★★☆  2004.11.23
[PR]
by usamari | 2004-11-23 22:36 | た/な/は行の映画