movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

チーム★アメリカ/ワールドポリス【TEAM AMERICA WORLD POLICE】

b0033799_2153498.jpg
監督:トレイ・パーカー
声の出演:トレイ・パーカー マット・ストーン
2004年 アメリカ

ずっと待ってた「チームアメリカ」!!サウスパークファンの私としては見逃すわけには行きません。この怪しげ?なパペット達、サンダーバードばりの人形の癖に18禁ですごいことになってます。さすが。DVD持ってるんだけど、日本語字幕がないのでキツいなーと思い観に行きました。昔「サウスパーク・ザ・ムービー」やあの「オーガズモ」を上映した渋谷シネ・アミューズにて鑑賞。

アメリカの特別機関(?)「チームアメリカ」は世界各国のテロリストと戦う正義の集団。とはいえ、パリで凱旋門やエッフェル塔を倒しまくるわ、戦いの最中にチーム内の色恋沙汰に必死だわ、ステレオタイプの「正義のアメリカンヒーロー」をおちょくりまくり。かなり自分勝手な彼らは、アメリカの「今」。こういう人形劇に皮肉と笑いたっぷりな要素を詰め込んでしまうところ、トレイとマットらしい。

この映画の最大の話題は、悪の帝王キム・ジョンイルが出てくるところ。そっくりだしいいのか?!っていうくらい過激。また、お馴染み?のアレック・ボールドウィンをはじめショーン・ペン、ティム・ロビンス、ジョージ・クルーニー、リヴ・タイラー、スーザン・サランドンら有名ハリウッド俳優たちも「出演」。声高らかに「戦争反対!」を叫ぶリベラル派な彼らを思い切りコケにし、切りまくる。あのマイケル・ムーアも木っ端微塵。

なんていうか、キム・ジョンイルもアメリカも同じだよ。みたいな理屈かな。それをものすごく過激なジョークで笑い飛ばす映画。ほんっとにF-Wordが嫌いだったり、ブラック・ジョークがわからなかったり、アメリカに憧れのある人、「サウスパーク」を知らない人など耐性のない人にはキツイかもしれない。さすがにずーっとゲロ吐くシーンは私もちょっと気持悪くなった(笑)

この映画のもうひとつの見所は歌!実は結構ミュージカル仕立てっぽいんだけど、マットとトレイが作詞作曲してる歌は、「サウスパーク映画版」に続き面白すぎ。「I'm so Ronery」byキム・ジョンイル、「Everyone Has AIDS」なんてミュージカル、マイケル・ベイをバカにする歌、「モンタージュ」をわかりやすく観客に説明しちゃう歌etc...やっぱそういう才能あるなぁ。

見終わった後、頭の中は「America~F**k Yeah~」の曲と「まっと・でぃもん」がぐるぐる回っていることでしょう。見ればわかります。てかぜひ見てください!!
前編を通してくどいまでの描写に、笑いっぱなし。

ちなみに、帰りにパンフレット買おうと思ったら著作権だかなんだかの許可が降りず、パンフレットが作れなかったというオチつき。そりゃあんなに有名俳優が出たら(しかもコケにされて)権利なんて許すわけないか・・・・。

チーム★アメリカ/ワールドポリス オフィシャルサイト

2005.7.31  ★★★★☆
[PR]
by usamari | 2005-08-06 22:21 | た/な/は行の映画