movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

クローサー【Closer】

b0033799_2024552.jpg
監督:マイク・ニコルズ
出演:ジュリア・ロバーツ ジュード・ロウ ナタリー・ポートマン クライヴ・オーウェン
2004年 アメリカ

Story
ロンドンを舞台に繰り広げられる、4角関係。ストリッパーのアリスと新聞記者のダンは運命的に出会い同棲、フォトグラファーのアンナと医者のラリーはダンのいたずらが元で結婚したが、ダンはアンナに惹かれ、不倫関係に。それが発覚し、4人の関係は・・・・

映画館で見なくて良かったかもー。話はまぁ、大人の恋愛話っていうんでしょうか。わざわざスクリーンで見なくても・・・・っていう作品。しかしキャストにつられて観に行きそうになりますね。

要するに、2組のカップルの浮気だの別れるだのなんだの、っていう痴話げんか。その痴話げんかも、マイク・ニコルズの手にかかるとなんとなく深いものに見えてくるから不思議だ。誰でも一度は経験があるだろうから、相手を信じたいけど信じられない心の葛藤とか、長年付き合った彼女に振られるとかその辺の描写は共感できるかもしれない。

セリフがなかなか楽しくて深い。特にクライヴ・オーウェンのセリフはキャラクターといい、人間味があって魅力的。キレイな言葉を並べてスマートぶってるジュードやジュリア・ロバーツのキャラクターに比べて、クライヴ・オーウェンとナタリー・ポートマンの会話は良かった。話の進み方が独特で、画面が切り替わった途端時間がしばしば飛ぶから、各キャラクターの心の動きが読みにくい。会話で行間を読め!という感じだった。

いやーそれにしてもナタリー・ポートマン。ストリッパーですよ、アミダラ姫が!ギリギリで全裸は見せてないけど、知性派で純真なイメージの彼女にしては、かなりの冒険だったのでは。すっごく可愛かった!この映画はメインであろうジュリアとジュードより、クライヴとナタリーのほうが圧倒的に存在感がある。アカデミーノミネートも納得。

フォトグラファーのジュリアはずるい女で、新聞記者のジュードは弱い。医者のクライヴは単純に見えて計算高い。でも、ストリッパーのナタリーは一番純粋で、強い。若いとか、仕事とか、そういう付加価値で人は測れない。
途中辟易させられたけど、なんだか最後まで観たらすっきりしました。弱い男ってダメですね(笑)

余談だけど、この映画は英語のヒアリングにちょうど良いと思う。卑猥な言葉も結構あるけど、比較的わかりやすかったのでオススメ。

クローサー オフィシャルサイト

2005.9.12  ★★★
[PR]
by usamari | 2005-09-12 20:49 | あ/か/さ行の映画