movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ハリーポッターと炎のゴブレット【HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE】

b0033799_20491758.jpg
ハリーの思春期

ハリー・ポッターシリーズ第4作目、見る前はあんまり期待していなかったのですが、かなり良い出来では。もちろん原作にそのまま忠実にしたら、映画として時間が足りないし、端折ってた部分もあるけどあれはあれで良いと思います。シリーズ中一番楽しめた気がする。さすがイギリス人監督!(関係ないか・・・・)映像も今までで一番美しかったような気がします。

私は原作を何回も読んでいるので、ほとんど確認作業でした。最初のクィディッチワールドカップは、もう少し見せてくれても良かったかなーなんて思ったり。ハリーシリーズの映画の醍醐味は、想像でしかなかったことが映像で出てくるところ。ドラゴンや水魔との戦い、ヴォルデモートの姿、フラーやセドリック、クラムのキャラクター。ほぼ想像通りで満足でした。でもかなり展開が速く、原作を読んでない人にはちょっとついてこれないかなーと思うところがあり。特に人の名前、魔法省の人たちやクラウチと息子のエピソードなど、唐突過ぎて次回作にも繋がるところがあるのに、大丈夫なんだろうか。次回の監督は大変だなぁ。

もう人物紹介は必要ないから、ウィーズリー家の双子や妹、アンジェリーナ、ネビル・ロングボトム、シリウス・ブラックなど、忘れてたら「誰コレ??」って思うようなキャラクターが結構出てましたね。特にウィーズリーの双子は、ロンにも似ているし最高でした。そういえばパーシーがいなかったような・・・そしてリータ・スキータ(イヤミな女性記者)への復讐もなかったのが残念!

話を詰め込むのに必死で心理描写が甘かったり、大事なところがさっさと過ぎてしまったりアラもありましたが、ハリーの初恋や戸惑い、ロンとのケンカなど思春期ならではの描写もうまく、笑える箇所も結構ありました。全体的にテンポが良いですね。

とにかく、この映画を見る前に原作を読むか、前作を全部見ることをオススメします。初めての人にはちょっと大変かなぁ。次回作はもっともっと複雑な話だし、反抗期でウザいハリーになっています(笑)それはそれで楽しみだけど。

どうでもいいけど、イギリス英語が苦手な私でも訳が「あれ??」って思った箇所がいくつかあった。さすが戸田奈○子・・・・

ハーマニオニーちゃん、1作目が一番可愛かったよなぁ・・・でも原作はもっと冴えない容姿のはずだからなぁ。そして途中から、なぜかハリーがヨン様に見えてしまった私でした(笑)


Story
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は無事にホグワーツ魔法学校の4年生に。今年は“三大魔法学校対抗試合”がホグワーツ主催で開催される。それは世界の三大魔法学校の生徒が一堂に会するなか、各校から1名ずつ選ばれた代表選手3名が魔法の力を競い合う交流戦。そしてその代表選手は立候補した生徒の中から“炎のゴブレット”が選び出す。14歳のハリーがなぜか4人目の選手として選ばれてしまう。かくして、理由も分からぬまま、ハリーはこれから始まる3つの危険な試合に挑むハメになるのだった。

NOTE
監督:マイク・ニューウェル
出演: ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン
2005年 アメリカ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 公式サイト

2005.12.5  ★★★★
[PR]
by usamari | 2005-12-05 21:09 | た/な/は行の映画