movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ヒトラー 最期の12日間【DOWNFALL】

b0033799_0274448.jpg

ヒトラーの自殺、そしてドイツ軍の終焉

歴史上もっとも憎まれているであろう人物、アドルフ・ヒトラーの自殺するまでの12日間を、当時ヒトラーの秘書をしていたトラウドゥル・ユンゲの目を通して描いた、真実に基づくドラマ。

冷酷無比で狂気の人というイメージの強いヒトラー。この映画ではなぜそんなヒトラーが統帥まで上り詰めたのか、なぜあそこまでしてしまったのかなど、内面を掘り下げてはいない。多少人間的な面は見せるものの、「ヒトラーの伝記映画」ではなく「終戦を迎えたドイツ軍」という組織を内部から見た映画である。

ヒトラーとその側近達とのやりとりや、地下の首相官邸の様子、当時のベルリンの状況などとても興味深い。感情的になりそうな題材だが、あえて感情を抑え、冷静で客観的な作りが良い。音楽もほとんどなく、静かに、淡々と「戦争」のもたらす悲劇を見せる。ヒトラーを崇拝し、市民軍として戦う国民のことはおかまいなし。ケガ人、市民をほったらかして避難する軍部。街は激しいソ連軍の砲撃に合っているのに、食料も十分にあり、飲んだくれる軍幹部たち。そんな中徐々に狂気を帯びるヒトラー。ついに指揮まで放棄し、妻エヴァと共に自殺という自分勝手な最期を迎える。

巨大な組織を一人の独裁者がまとめるというのは、やはりムリがあるのだろう。トップの考え、命令は末端までは届かず、徐々に体制が崩れ始める様が丁寧に描かれている。もちろんドキュメンタリーではないので脚色はあるだろうが、大まかな出来事は事実だろうしとてもリアルだ。

この映画の主役でもある秘書ユンゲはまだ生きていて、ラストにコメントを入れている。この映画に出てくる人物は全て実在で、ヨーゼフ・ゲッベルス首相と妻の最期は特に凄まじい。

ドイツ人監督オリヴァー・ヒルシュビーゲルは、私の好きな「es」の監督。こんな映画も撮れるんだ。この映画を撮っただけでも勇気があると思う。そして、ヒトラーを演じるブルーノ・ガンツは凄い!!!の一言。まるで現代に蘇ったかのような力演。

私は割りと歴史や戦争映画は好きで良く見ます。この映画は間違いなく傑作。特に歴史に興味のない人でも、ブルーノ・ガンツの演技だけでも見る価値はあります。

Story
1942年、トラウドゥル・ユンゲは数人の候補の中からヒトラー総統の個人秘書に抜擢された。1945年4月20日、ベルリン。第二次大戦は佳境を迎え、ドイツ軍は連合軍に追い詰められつつあった。ヒトラーは身内や側近と共に首相官邸の地下要塞へ潜り、ユンゲもあとに続く。そこで彼女は、冷静さを失い狂人化していくヒトラーを目の当たりにするのだった。ベルリン市内も混乱を極め、民兵は武器も持たずに立ち向かい、戦争に参加しない市民は親衛隊に射殺されていく。そして側近たちも次々と逃亡する中、ヒトラーは敗北を認めず最終決戦を決意するが…。

NOTE
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:演: ブルーノ・ガンツ アレクサンドラ・マリア・ラーラ ユリアーネ・ケーラー トーマス・クレッチマン

ヒトラー 最期の12日間 オフィシャルサイト

2006.1.16  ★★★★☆
[PR]
by usamari | 2006-01-17 01:04 | た/な/は行の映画