movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ジャーヘッド【JARHEAD】

b0033799_18532450.jpg


DVDにて鑑賞。戦争モノだから専門用語があったりして、英語が難しいかなーと思ったけど、スラングや汚い言葉が多いだけでよかった。いや、ある意味難しかったけど(笑)あれ、どう訳してるのかなぁ・・・。「フルメタル・ジャケット」のトレーニングシーンの言葉を思い出した。

ジェイク・ギレンホールloveな私。ゴールデングローブ受賞、アカデミー賞受賞の注目作「ブロークバック・マウンテン」も公開、今が旬!!「ドニー・ダーコ」から、なんか影があり、気になる俳優でした。どちらかというとオタクというか暗い系ジェイクが、ものすごい体を鍛え上げて海兵隊員になりきった作品。思ったよりもかなり良い映画でした。第一次湾岸戦争時に海兵隊員だった青年が書いた本が原作のこの作品は、「戦争映画」というより、一人の青年の「青春映画」のようでした。

よくある銃撃戦や戦争モノのアクションはほとんどなく、戦地入りしてもただただ待っているだけ。やっとお声がかかったと思ったら、空爆後を歩くだけでスナイパーとしての任務も果たせず。悶々としながらベースへ帰ったら終戦パーティ・・・・。そこで戦地へ来て初めて、銃を撃ちまくる。そんな「今」の戦争体験を、リアルに描き出していて興味深い。前半は「フルメタル・ジャケット」のようなしごきと罵声を浴びせられるトレーニング風景。今も昔もああなのかなぁ。戦地へ来ても、待ち状態ばかりで緊張感と、何も起きない退屈さとの繰り返しで、通常の精神が徐々におかしくなっていく。空爆跡地で兵士ではない、一般の人が焼かれた後の姿を見て「戦争」というものの「現実」が見える。地獄のような燃えた油田での、油まみれの馬に語りかけるシーンが印象的。

おじいちゃんの代から軍隊の家系で、何の大儀も持たず、迷うことなく海兵隊へ入ってしまった主人公。最後まで人は殺さないものの、非日常的な軍隊生活で任務が終わった後もなかなか日常生活へは戻れない。ベトナム戦争帰還兵と同じ精神的な病を、今のイラク戦争へ行った若者も持っている。メディアの伝えない新しい戦争の真実を一人の青年の目を通して描き、最後まで飽きさせずラストのセリフもグっとくる。とっくに日常に戻っているのに、自分はまだ砂漠の中にいる。主人公の目前でガラス越しに映る爆撃に、「湾岸戦争」の無駄さ、むなしさを感じた。

この映画は個性的で演技派な俳優ばかりですごい!ジェイク・ギレンホールはもちろん、要注目のピーター・サースガード、オスカー俳優ジェイミー・フォックスに最近どこにでも出てくるクリス・クーパー。カポーティにも出てたなぁ。それに、「24」のパーマー大統領(デニス・ヘイスバート)もちらっと出てきます!びっくりした。やっぱりピーター・サースガードの屈折した繊細な演技と、ジェイクの若者らしいアホっぽさが良かった!

「アメリカン・ビューティー」「ロード・オブ・パーテーション」のサム・メンデス監督らしく、しっかり作ってあり、ともすればくだらない内容のない映画になるところを、テーマを忘れずきちんとラストで締めたところはさすが。これでもかと爆撃や悲惨なところを見せるだけが、戦争映画じゃないよね。感情だけに流されず、プロらしい仕上がりでした。

ガスマスクをつけて、ダース・ベイダーの真似をするところでは大声で笑ってしまった。今は、戦争に行ってもそんなもんなんだろうな・・・・。あと、「地獄の黙示録」のあの空爆シーンでやたらと盛り上がってるのも、面白かった。盛り上がりすぎで、あの状況で見たら楽しいんだろうなぁと思った(笑)そういえば、音楽もイマドキらしくT-REX、パブリック・エネミー、ニルヴァーナ等で新鮮でした。

もう上映は終わってしまったのかな?早いなぁ。面白い映画なのに・・・。日本人にはウケないんだろうか。そういえば、ハロウィンパーティで元海兵隊員のアメリカ人があの迷彩服着てたわ・・・彼もああいうトレーニングしたんだろうか。だからBB弾撃ちまくってたんだろうか。超迷惑だったけど。

オマケで、アカデミー賞前日パーティで酔っ払ったジェイクの画像を。もー大うけ。ジェイクかわいすぎ!いとおしさが増してしまった。

↓↓
b0033799_19451544.jpg

↑↑
真面目に写ってるアン・リー監督とユマ・サーマンの後ろで・・・・いるよねこういう酔っ払い。もうサイコウです。もっと見たい方はコチラへ。

Story
青年アンソニー・スオフォードは、18歳で海兵隊へ入隊を果たす。しかし新兵訓練の現実は、まるでただの虐待。スオフォードは自らの選択を後悔し始める。89年、カリフォルニア州のペンドルトン基地へ配属となったスオフォードをまたしても手荒い洗礼が待ち受ける。その後サイクス曹長の目に留まり、厳しい訓練の末にわずか8名の斥候狙撃隊に選ばれるスオフォード。その頃クウェートにイラクが侵攻、やがてスオフォードたちにも待ちに待ったサウジアラビアへの派遣の日がやってくるのだが…。

Note
監督:サム・メンデス
出演: ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ルーカス・ブラック、クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス
2005年 アメリカ

ジャーヘッド オフィシャルサイト

★★★☆  2006.3.18
[PR]
by usamari | 2006-03-18 19:54 | あ/か/さ行の映画