movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ダ・ヴィンチ・コード 【THE DA VINCI CODE】

b0033799_21532497.jpg
早速見ましたよー、ダ・ヴィンチ・コード!!
平日昼間だから空いてるだろうと思って歌舞伎町へ行ったんだけど・・・・立ち見がいました(笑)すごーい。 さすが大人気!

結論から言うと、私は原作を読んでいたので、ミステリーの部分としてはあまり楽しめなかった、、、確認作業というか、思い出し作業というか。思ったほど感情的な場面がほとんどなかったり、主人公2人の暗号を解く場面があんまりエキサイティングじゃなくて強引さが目立ったり・・・あんなにあっさり暗号を解いたら、原作の面白さが全然ないじゃん・・・・原作をなぞってるのはわかるけど、ロン・ハワードが監督しなくても誰でも一緒だったんじゃない?なんて思ってしまった。 しかも、日本人になじみのない西洋宗教の歴史や宗教観、人類を脅かす真実、と言われてもピンとこなかったり。

ただ、映画化する際の一番のメリットは、想像しにくい場面がそのまま見れること。例えばローズライン、クリティプス、それが入っていた箱、そしてルーブル美術館、名画などなど・・・・それを映像として見れたのは、良かった。想像でしかなかったものがどんなのかわかって、すっきり。

トム・ハンクスにオドレイ・トトゥ(アメリ)、ジャン・レノ、アルフレッド・モリーナ(ドック・オク)。それにポール・ベタニー!好き好き。演技派ばかりで私にとっては、とっても豪華なキャスト。演技は楽しめました。オドレイ・トトゥがああいう知的な役も普通に出来るんだーと再発見。特に、イアン・ガンダルフ・マッケランは最高。茶目っ気があって、あの役にぴったり。さすがです。

全体的に、小説をそのまま映像化しただけ、っていう印象。前評判ほど悪くはありません。「普通の映画」。ブームで大人気にはなるけれど、残念ながら名作にはなり得ないかな・・・。

やっぱり監督なりの解釈というか、オリジナリティというか、その監督ならではの何かが欲しかった。やってくれると思ったんだけどなぁ・・・。例えば「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンは本をそのまま映像化したんじゃなくて、もっともっとエモーショナルに仕上げたし、「L.A.コンフィデンシャル」のカーティス・ハンソンは原作のミステリー部分の複雑さをあえてシンプルにして、ロスの暗部だけじゃなく男同士の絆まで描いてた。だから、名作になったんだと思う。

でも、さすがにラストは感慨深いものはありました。あぁ・・・ここにアレがねぇ・・・・っていう(ネタバレなので言えません)。まぁ、あくまでフィクションなので、ちょっと頭を使う娯楽としては良いかな!!ちなみに、原作を読んでいない母は途中寝てしまい(案の定)、ふーん、TVの特番のほうが面白かったわ・・・なんていってました(笑)

ダ・ヴィンチ・コード オフィシャルサイト

NOTE
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン アルフレッド・モリナ ジャン・レノ ポール・ベタニー

Story
ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。フランス司法警察のファーシュ警部は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出す。宗教象徴学の権威であるラングドンはさっそく暗号の解読を始めるが、この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴーが現われる。ラングドンが無実で、事件解決には彼の力が不可欠だと確信する彼女は、直後、ある驚きの行動に出るのだった…。

2006.5.22 ★★★☆
[PR]
by usamari | 2006-05-28 22:04 | た/な/は行の映画