movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あけました。2006年ベスト&期待の2007年

オメデトウゴザイマス。

今年はもっともっとちゃんと更新して行きたいなぁ・・・・と思う次第です。
せっかく続けているんだし。映画と音楽情報だけでもね・・・・・。

というわけで、今回は2006ベストです!

映画館・ビデオ問わず、2006年に観た中でのベスト発表!

1. マッチポイント
やっぱりウディ。緊張感と心理描写。そしてスカーレット・ヨハンソンの初々しい美しさに!久々に私の中でウディ祭りが開催されました(笑)これが好きな方、「軽罪と重罪」は必見ですよ。

2.ブロークン・フラワーズ
「コーヒー&シガレット」も大好きだけど、今年はこれ。ゆるーい間とビル・マーレイの名演。やっぱりジム・ジャームッシュはいいなぁ。

3.ブロークバック・マウンテン
いろんな意味で忘れられない映画。ストーリー、風景、役者、久々に見ごたえのあるドラマを見ました。大好きなジェイク・ギレンホールが大活躍で嬉しい限り。

4. リトル・ミス・サンシャイン
2006年滑り込みで、いい映画を観ました。めちゃくちゃな家族のロードムービーなんだけど、あったかくて見た後ほんわかするような映画です。

「リトル・ミス・サンシャイン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

5. 麦の穂をゆらす風
たまにはこういう映画を観るのもいいですね。思い切り社会派で重いけど、色々考えさせられます。ケン・ローチが職人の仕事を見せてくれます。

6位以下
「そして、ひと粒のひかり」「エリザベスタウン」「ウォーク・ザ・ライン」「ヒストリー・バイオレンス」「イカとクジラ」「シリアナ」「ミリオンズ」・・・・・

昨年は、前半にいい映画を沢山観たなぁ、という感じ。全部で80本見ました。DVDを色々手に入れましたねー。最近はさっぱりですが・・・・

2007年期待の映画

「バベル」・・・菊池凛子ちゃんが数々の映画賞にノミネートされてますね!ブラピ、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナルくんという豪華キャストに加え、監督はあのアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。うーん楽しみ。

「マリー・アントワネット」・・・・ソフィア・コッポラが描く、14歳のマリー・アントワネットの青春。ふけ顔?のキルステン・ダンストがマリーって言うのもすごいけど、予告編の色使いや音楽にもうやられっぱなし。1/20から公開。

「ファウンテン」・・・・あの「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキー最新作。ヒュー・ジャックマンとレイチェル・ワイズ(奥さん)のSF。

「ボラット」・・・・・コメディアンがカザフスタン人のTVジャーナリストに扮し、アメリカ人にドッキリを仕掛けてしまう。皆騙されちゃって、その反応が面白いらしい!MTVを観ている人にはおなじみのボラット。私も最初騙されてました・・・・。

「スパイダーマン3」・・・・あのスパイダーマンの3!!最近予告がやっとTVでやってますね!あぁぁぁ本当に楽しみだ。

「THE SCIENCE OF SLEEP」・・・ミシェル・ゴンドリー最新作。ガエルくんが主演のコメディドラマらしい!?

「ファストフード・ネイション」・・・・リチャード・リンクレイター監督による、ファストフードが与える害についての映画。確か、アヴリル・ラヴィーンも出ていたような。

今気になるのは「エンロン」と「ダーヴィンの悪夢」。シネマライズで上映中。片やエンロンという大企業がいかにして内部情報により崩壊したか、というものと、アフリカである魚を放ったことによってもたらす悪夢の連鎖についてのドキュメンタリー。こういうのはかなり興味あります。

まだまだ気になる映画は沢山。
どれだけ観れるかな?!
[PR]
by usamari | 2007-01-08 00:24 | 映画あれこれ