movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ディパーテッド 【The Departed】

b0033799_039667.jpg


departed=死者、故人
これは、足を踏み外した死者たちの物語。そして、マーティン・スコセッシの復活の映画。

どうせ、インファナル・アフェアのリメイクでしょ?とあまり期待をせずに見たこの映画。いやーびっくり。いい意味で裏切られました!インファナル・アフェアがエモーショナルでウェットなドラマだとしたら、これはアメリカンスタイルのギャングスタムービー。別物になってます。自分は、香港スタイルでできない、ということをわかっているマーティン・スコセッシは、バックグラウンドを「アイルランド系アメリカ人のギャング映画」ということにし、自分の得意なスタイルでこの映画を作り上げた。天晴れ。

スコセッシといえばデ・ニーロ。今はディカプリオ。ギャング・オブ・ニューヨークとアビエイターでちょっとがっかりした私だけど、この映画では素晴らしいコラボレーションを見せてくれました。ディカプリオの演技が、この映画で飛躍した感じ。彼の映画を全て見ていますが、やっぱいい役者です。この映画の役者は、皆が皆最高の演技を見せています。マット・デイモン、ボールドウィン、マーティン・シーン、そしてそして、ジャック・ニコルソン。いやー老いてなお現役のこのオヤジ。ギラギラしまくってます。アドリブの部分が多かったということだけど、さすがの貫禄。いやらしいオヤジっぷり、ギャングのオーラがビンビン伝わってきます。

そして、最近いい演技をするようになったマーク・ウォールバーグ。口を開けば汚い言葉ばかりのびっくりな役柄だけど、脇役の中でも一番の儲け役?かも。光ってました。

オープニングからタイトル・クレジットまでの部分も、まるで「グッドフェローズ」のようでしびれました。おぉ?これはすごいかも?と鳥肌の立った部分が沢山あって、久々に見ごたえのある映画を見たなぁーという感じ。 ちなみに、スコセッシで好きなのは「グッドフェローズ」と「タクシードライバー」。この2作だけでも、この監督は天才だなぁと思ってしまう。

やっぱ私はギャング映画好きだなぁ。ゴッドファーザーシリーズにマーティン・スコセッシの映画、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ。どうしようもないならず者たちばかりだけど、いつの間にか引き込まれる自分がいます。 なぜか美学を感じてしまう。

主となる部分は同じだけど、クライマックスも違うし、インファナル・アフェアとは別映画になっているので是非映画館で男達の苦悩とスコセッシの職人技を見てください。音楽も最高。
こりゃ評判いいはずだわ。

Viva Gangstar!

Note
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーティン・シーン マーク・ウォルバーグ
2006年 アメリカ

「ディパーテッド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

2007.1.22 ★★★★☆
[PR]
by usamari | 2007-01-24 00:45 | た/な/は行の映画