movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブラック・ダリア【THE BLACK DAHLIA】

思い入れの強い作品。なぜなら、ジェームズ・エルロイの原作ファンだから!映画館で見そびれてしまったけど、やっと見れました。

何度も何度も読んだ原作。でも、監督がブライアン・デ・パルマだからどうかなぁと思ってました。随所にデ・パルマらしさが出てたし、40年代の暗黒の雰囲気もほどほど、原作の持つオドロオドロしさは薄く、あの原作をよくまとめたなぁとも思ったし、というか、ようは中途半端。

ハリウッドで実際にあった娼婦"ブラック・ダリア"殺人事件。なぜ2人の刑事がこの事件に狂わされてしまったのか、2人のファム・ファタル(運命の女)の存在、ノワールの匂いプンプンなのにどうもなりきれず。同じエルロイ原作の「L.A.コンフィデンシャル」が良く出来すぎていて比較されちゃうのもかわいそうだけど。

ジョシュ・ハートネットとアーロン・エッカートじゃ役不足だったかな。いやいい男だけどね。体もいいしね。でももっとこう、ワルっぽくて危ない匂いのする、色気のある男がよかったなースマートな悪徳警官役。。。ってそういう役者がいないのか。。。L.Aの曲者俳優を使ったアンサンブルキャストは、今思うと奇跡。キム・ベイシンガーもすばらしかったしね。

スカーレット・ヨハンソンはああいう古い時代の格好が似合う似合う。でも、もっと悪女役がよかったからヒラリー・スワンクの役が合っていたかも。てか、ヒラリー・スワンク・・・・明らかにミスキャストじゃ・・・美人?とびきりの美女なのか?とずっと頭に「?」が付いたまま見てしまったよ。いや、きれいだけど色気がね。

死体発見前後の映像(映画ならではのマジック)、スローモーション、そしておなじみの階段アクション(?)影の演出、デ・パルマ節が所々にあり、映像を堪能できました。

一番良かった(印象に残った)のは、フィオナ・ショウの怪演。お見事。ハリポタのペニチュア叔母さんの人ね。

複雑な原作にしてはすっきりまとめて、わかりやすかったし映像になったことで良くなった部分もあったけど、なんか惜しいなーという1作。原作が良すぎるからか。いや、それでもデ・パルマさんだから許せるしキライにならないよ!「ミッション・トゥ・マーズ」ほど酷くなかったから許すよ。。。さ、また原作読み返そう。

2007.9.23 ★★★
[PR]
by usamari | 2008-01-25 14:52 | た/な/は行の映画