movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

マリー・アントワネット【MARIE ANTOINETTE】

映画館で見そびれたこの作品。サントラまで買って準備万端だったのに(笑)

カンヌで上映されたとき、かなり批判されたらしく、評価も賛否両論。でも、私は好き。マリー・アントワネットという人物を通して複雑な歴史を見せる、というよりもただの女の子のお話、という感じでメルヘンチックなのがさすがソフィア・コッポラ。徹底していて良いです。やっぱ私はソフィア・コッポラの感覚が好きなんだなぁ。

世界中で、ダイアナ妃の次に有名であろうマリー・アントワネット。浪費家で頭空っぽのお姫様、そして悲劇のヒロイン。14歳でフランス皇太子へ嫁ぎ、18歳で最高の権力と財力を得てしまったらこうなってしまうんじゃないか、と思ってしまうけど。。。若いときなら朝まで遊んで、自分のしたいことして、ってやりたいよね。っていう、マリーに共感するように作られた映画。フランス革命なんて有名すぎて、ほとんど割愛。マリーの知らないところで突然暴動が起きてこうなってしまった。。。という感じ。

とにかくもう、全ての画面のドレスやら靴やらお菓子やら小物やら、かわいくってしょうがない!!本物のベルサイユ宮殿で撮影されただけあって、まさにメルヘンの世界。シンデレラとか、ディズニープリンセスを思い出してしまった。色調をパステルトーンにして、甘い甘いプリンセスの日常を監督らしく描いていてほんと萌えます(笑)映像はたまりません。

淡白でオタクで不器用なルイとセックスが出来ないことが悩みの種。子供ができないせいで不感症といわれ、宮廷内でバカにされて、鬱憤を晴らすように遊びまくるマリー。あれ、現代の奥さんと変わらなくない?(笑)でも後半は、財政が厳しいといわれダイヤモンドや宝石類はもういらない、とか国民に頭下げたり、最後まで夫と一緒にいる、と言い切ったり、ちゃんと成長しています。

確かに全てがさらっとしすぎているけど、ところどころに一瞬ハっとするシーンが入っています。サントラも良く、映像もかわいく、キルステン・ダンストもハマっていてそれだけでも、もう満足。特にラストシーンが最高に良い!

夢見心地とはまさにこのことだな、と思う。ちょっと切ない青春映画という感じ。これは、確かに頭の堅い批評家のおじさんたちにはわからない感覚だろうな(笑)

2007.9.9 ★★★★★
[PR]
by usamari | 2008-01-25 15:03 | ま/や/ら/わ行の映画