movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

潜水服は蝶の夢を見る

b0033799_16575864.jpg

「バスキア」「夜になるまえに」のジュリアン・シュナーベル監督の、超話題の最新作。カンヌや各賞を総なめ、フランス語にもかかわらず、アカデミーの監督賞などにもノミネートされています。

おすぎが褒めまくっていて、どんだけ良い映画なんだろうと見にいったのですが、、、コンディション?が悪くとても眠いときに見てしまい、実は、ちょこちょこっと寝てしまったのでした。

いやでも話はわかるし、でも、眠すぎて感情移入できなくて、集中できなかったよ。。。

映像がとにかく素晴らしくって、どうやって撮影したの?!というようなものや、大胆な構図、心象風景なんかがとても美しい。こりゃアカデミー撮影賞取るんじゃないだろうか。

バリバリの働き盛り、ELLEの編集長で人生を謳歌していた男が突然脳梗塞になり、今までの人生を失ってしまうが、植物人間状態になってみて初めて色々なことを感じ、また生きよう、と決意する物語。実話らしいです。植物人間といっても意識ははっきりしていて、人の言葉は聞こえる。でも、ただしゃべれず動けないだけ。唯一動かせる左目の瞬きだけで、意思を伝え、本を書き上げます。

アルファベットを頻出順に並べて読み上げ、その単語のところで1回瞬きをする。そうやって、文章にしていく。これは本当に気の遠くなるような作業で、周りの看護師達の努力にもただただびっくり。

「ロックト・シンドローム」という、意識が中に閉じ込められてしまう状態。まさに、肉体は潜水服を着ているように自由がきかないが、「記憶と想像力」で生きていける。蝶のように羽ばたく想像力で。

人間、自分の意思が伝わらなくて閉じ込められた状態で初めて「自己」というものと向き合って、認識できるのかもしれない。そうやって、僕は初めて目覚めた気がする。ないがしろにしていた家族、支えてくれる周りの人の大切さ。人間の生きるということの強さと、記憶や想像力の素晴らしさを教えてくれる作品です。

映像も、役者も、音楽も、ストーリーも、総てが奇跡のようにまとまっていて秀逸な作品。ほんとに集中力がなかったのが残念。。。フランス語って眠くなるね(笑)

ただ、あの映像の美しさを、また、感じたい。
[PR]
by usamari | 2008-02-11 16:58 | あ/か/さ行の映画