movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2004年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

寒っ!

今日は地元の美容院に行ってきました。
今回もほんとやばい髪型になってしまった。いつも切りたては「あーやばいやばい!」って思うんだけど。前回はパーマで失敗して、今回は切り過ぎて、髪をすき過ぎて、短くてぺっちゃんこでサルみたい。もしくは部活してる中学生?色気がない・・・私もそろそろOLらしく名古屋巻きでもしてみたいんだけど(笑)伸びるまで待てない、せっかちな私。ふう、早く伸びないかなぁ。

その後、高校の頃の友人カヨと待ち合わせしてたんだけど時間があったので本屋で立ち読みをしていたら、思わず細木数子の本を買ってしまった。TVで言いたい放題で嫌いなんだけど、やっぱ占いって気になる。私は火星人、来年は「緑生」の年でかなりいい年らしい。こういういいことは信じようかな、なんて。未来についていいことが書いてあると、なんだかポジティブになってくるから不思議だ・・・。

そしてカヨと会ってご飯食べて、カラオケへ。カヨは会社で邦楽の有線をいつも聞いてるだけあって、すごく詳しいしうまい!私は邦楽詳しくないので、サビだけ知ってる曲歌ってくれて楽しい。ちなみに彼女の勤めている会社はカラオケの「DAM」なので、カラオケ機種はいつもDAM。JOYSOUNDなんて許してくれません(笑)しかし昔歌えたから歌えるかな、と思って椎名林檎、m-floなんてメドレー入れてみたけど・・・忘れてるもんですね。ほんとびっくり。こんなに歌えないとは。今度はちゃんと歌える歌入れます、ごめんなさい。とりあえずAerismithメドレーは無謀でした(笑)

あーこれから冬なのに髪切り過ぎで、寒くて風邪引きそう・・・。
[PR]
by usamari | 2004-11-30 00:38 | diary

やっと!!!

ほんとにやっと。
「サウスパーク」のシーズン5が12月半ばから始まります!!

あーAXN待たせすぎ・・・・
でもよかった、もう放送しないかと思ったから。
こりゃやっぱDVDレコーダーで永久保存だな・・・
[PR]
by usamari | 2004-11-28 22:06 | つぶやき

ターミナル(The Terminal)

b0033799_21201963.jpg
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:トム・ハンクス キャサリン・ゼタ=ジョーンズ スタンリー・トゥッチ ディエゴ・ルナ
2004年 アメリカ

一足先に試写会で見てきました。いやーさすがスピルバーグ、ツボははずさないしすごく見やすい!!トム・ハンクスの演技もやっぱりうまくて、安心して見れます。

クラコウジアという小国からやってきた男が、アメリカJFK空港へやってきた。しかし、突然の祖国消滅のため出入国が禁じられ、仕方なく空港内で暮らし事態の沈静化を待つが、1週間、1ヶ月、何ヶ月経っても事態は変わらない。言葉も通じなくアメリカドルも持たない彼は空港内で働く人々と交流を深めていく。そして、彼がアメリカに来た本当の理由は・・・
というのが大体のあらすじ。まぁよく考えればあり得ないでしょ!っていう状況なんだけどそれを忘れさせるくらい自然に、「空港」という限られたところでのハートフル・ドラマが始まる。トム・ハンクスが英語をしゃべれない役なんだけど、ものすごくうまい!!本当にクラコウジア国の人みたい(どこ?)普通に考えて、母国語をしゃべれないフリをするって難しいよね・・・。

CGやものすごい映像処理を使わない時代の映画を思い出した。前作「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」もそうだったけど、スピルバーグのこういう昔っぽい映画は好きです。ドラマは俳優の演技で見せなきゃいけないから大変だけど、トム・ハンクスなら任せて安心。展開、セリフなんかは先が読めちゃうし、お約束のちょっと寒いギャグもあったりするけど十分楽しめます。(会場はオバちゃんたちが笑いすぎだったけどね・・・・)

脇もいつもより若々しいキャサリン・ゼタ=ジョーンズ(「シカゴ」)に、芸達者スタンリー・トゥッチ(「ロード・トゥ・パーディション」)。それに「天国の口、終わりの楽園」で瑞々しい演技を見せてくれたディエゴ・ルナも出てるし、なんと言ってもクマール・パラーナ!!「ザ・ロイヤルテネンバウムス」で、ロイヤルの寡黙な相棒?を演じたおじいちゃんです。もーこの映画でもかなりいい味出してます。この映画では空港内の清掃をしているおじいちゃん役なので、要チェック!

彼がなぜアメリカに来たか、その理由は最後にわかるけどその「理由」は私にとっては感動まではいかなかったかな。どちらかというと空港内の人々との交流がすごくジーンときます。アメリカの「我々はいつでも移民を受け入れます」的な建前と本音、そんなものも垣間見れてなかなか深いかも。

スピルバーグは本当に、いつもお手本のような映画を作ります。そこがいいところでもあり、「あーまたいつもの手か」って思ってしまうところ。でも映画って本来は人を楽しませるもの。彼のエンターテインメント精神は、やっぱり貴重だと思います。

ターミナル オフィシャルサイト

★★★☆  2004.11.26 
[PR]
by usamari | 2004-11-28 21:53 | た/な/は行の映画

充実の疲れ

昨日、おとといと2連休。11月はお休み多くてうれしいなぁ。

おととい「Mr.インクレディブル」の後、幼馴染のM氏と合流して呑みへ。最初連れてってもらった牛タン専門店がすっごい美味しくて感激。今でもその味を思い出してツバが・・・・(笑)いやーあれはまた是非行くべきですね。並んでもいい!!その後なんだかんだで朝まで飲んでた。朝まで飲みって、めったになくてすごく疲れたけど充実した疲れだったなー。よく考えたら、M氏と2人でこんなに長時間語り合うのって中学以来かも。うわー!色んな名言が飛び出して、かなり面白かったなぁ。
2人してヘロヘロになって始発電車乗り間違えたけどね・・・あわわ。

家に帰って爆睡してたら武から「ハウルのチケット買ったよ」との電話で慌てて起きて出かけました。ハウル寝ちゃうかと思ったけど、一応最後まで起きて観られた。それにしてもあの混み具合・・・・お子様から大人まで、よく立見で頑張ってたなぁ。(ちなみに武が指定席おごってくれたので、並ばなくて済んだ・・・)映画にいちいち反応するお子様の声が一番面白かった(笑)

HMVで迷った挙句ブリちゃんベストをやめて、NOFXとKORNのベスト版を購入。これは正解だったな。U2のニューアルバムも欲しかったけど、輸入版がまだで諦めた。ipodのCMの、「Vertigo」という曲がすごくかっちょいいー!早くituneのオンラインストアできないかなぁ。

来年は早々にチャウ・シンチーの「カンフーハッスル」に夏は「スター・ウォーズ3」と心待ちにしてたものがいっぱい!予告を観て、早くも気持ちは来年へ。
[PR]
by usamari | 2004-11-25 00:31 | diary

ハウルの動く城

b0033799_22192038.jpg
監督:宮崎 駿
声:倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 我修院達也 神木隆之介
2004年 日本

昨日の「Mr.インクレディブル」に続き、今日は早速スタジオジブリの新作「ハウルの動く城」を見に行きました。池袋で見たんだけど、すごい人!!なんかすでに興行収入新記録、みたいなニュースが出てましたね。もうジブリ作品は黙ってても客が呼べる状態。作品がいいとか悪いとか関係なくなってきました。

ジブリ作品は好きだけど・・・・うーん。惜しいかな。言いたいこと、テーマを詰め込みすぎて消化不良という印象でした。なんでそうなったの?とかどうしてそう思ったの?とか、キャラクターの行動の理由や心の移り変わりがわからない。どのキャラクターにも感情移入できず終わってしまった。全部説明するのがいいとは思わないけど、そこはちゃんと説明したほうがいいんじゃない?というところがわからなくて、ストーリーが大雑把。それにジブリの作品は毎回どこかとても心に残るシーンがあったりするんだけど、今回はなかったかな。しいて言えば、悪魔の炎とハウルの弟子の男の子のキャラクターがよかった。

表情豊かなキャラクター達に美しい映像は堪能できたけど、「動く城」のデザインのインパクトが強くてそれだけに頼ってしまった印象がある。あの城が出てきただけですごくワクワクするんだけど、ただそれだけ。

キムタクの声は、心配してたほどキムタクオーラは出てなかった(笑)でもハウルの顔がキムタクに似てる・・・・。どちらかというと倍賞千恵子の声のほうが無理があったような。美輪明宏はさすが!安心して見れます。

今回は、時間がなくて急いで作ってしまったという感じ。宮崎駿監督には、時間がかかってもいいから自分の本当に作りたいものを丁寧に作って欲しいなと思ってしまった。才能があるんだからもったいない!!

ハウルの動く城 オフィシャルサイト

★★☆  2004.11.23
[PR]
by usamari | 2004-11-23 22:36 | た/な/は行の映画

Mr.インクレディブル

b0033799_2203975.jpg
監督:ブラッド・バード
声:クレイグ・T・ネルソン ホリー・ハンター サラ・ヴォーウェル スペンサー・フォックス
2004年 アメリカ

ピクサーの新作、「Mr.インクレディブル」試写会で一足先に観てきました!今度はヒーローものかぁ・・・前作「ファインディング・ニモ」を超えられるのかなぁ、とあまり期待をしないで観てたら、意外に面白かった!表現力、ストーリーの出来がそこらの実写映画よりも全然優れてます。何も考えなくていい、すごーく観やすい映画。

家族でスーパーヒーローという設定や色んな仕掛けいっぱいの機械やなんかは「スパイキッズ」を思い出しました。これはお子様大喜びじゃないかなぁ。私もああいう仕掛けのある秘密基地みたいなのはすごく楽しかったもん(笑)ヒーローとしての能力も家族全員バラバラで、得意能力を生かしたシーンが楽しい。とにかく映像はもう、CGというには出来すぎてる。特に背景は普通の映画の実写かと勘違いするくらい。人物の顔や体型なんかはアニメっぽいおおざっぱな作りなのに、どこか人間味があってどんどん映像技術が上がってる。ちょっとテンポが早すぎていつの間にか終わっちゃった、っていう感じで余韻に浸るヒマもないっていうのが残念だったかなー。

ピクサーのテーマは一貫して「家族」というところになるんだけど、観客の涙を誘う大げさな演出だったニモよりは楽しい!と素直に思える映画でした。
そして早くも次回作「Cars」が楽しみ!!

Mr.インクレディブル オフィシャルサイト

★★★★  2004.11.22
[PR]
by usamari | 2004-11-23 22:13 | ま/や/ら/わ行の映画

ブリブリ

最近(というかだいぶ前から)ブリトニー・スピアーズが面白い。

武が大好きで、前はただのぶりっ子アイドルじゃん!ってバカにしてたけど最近のゴシップやおバカちゃん発言から目が離せない!そしていつの間にか彼女の曲を普通に聴いていて、さらにベストを買っちゃおうかなーなんて思ってる自分にびっくりした。

エロエロなPVも楽しませてくれるし、豊胸手術疑惑にクチパク疑惑、幼馴染と結婚してすぐ離婚、その勢いで子供のいるわけのわからないダンサーと結婚したり、「I LOVE KEVIN」(ダンナの名前)なんてTシャツを作って売っちゃったり、パパラッチにヘンな写真撮られたり。ジャスティンとやっと別れたと思ったらコリン・ファレルやらフレッド・ダーストやら色んな人と浮名を流し、話題には事欠かない。「ブッシュの応援演説に出るわ!」と張り切ったら「そんなダーティなイメージの人は困る」とブッシュ陣営に断られたり(笑)

そんな彼女がこのベスト版を出したあと休養する、って聞いて「えー!」と思ったけど、良く考えたら歌はどうでもよくて彼女の行動やなんかが興味があるのでどうでもいいです(笑)休養って言ったってプロモや歌を発売しないってことでしょ?そんなことしなくても今までどおり、面白い行動や発言を提供してくれればいいんです。いろんな意味で、彼女は貴重な存在です。

普通に歌唱力や曲はアギレラたんのほうが上だと思うけどさぁ。
でも日本でライブするなら、見てみたい・・・。

武に言われるたびに否定してたけど、やっぱり私はブリちゃんファンなのか・・・??(笑)

ま、ゴシップ好きなただのミーハーなんだろうなぁ。
[PR]
by usamari | 2004-11-19 00:22 | つぶやき

コールド・マウンテン

b0033799_054998.jpg
監督:アンソニー・ミンゲラ
出演:ジュード・ロウ ニコール・キッドマン レニー・ゼルウィガー ドナルド・サザーランド
2003年 アメリカ

私はこの手の映画は苦手。しかもこのアンソニー・ミンゲラという監督があんまり好きじゃない。「ヘヴン」や「アイリス」なんていい作品の製作総指揮をしているものの、どうせ前作の「イングリッシュ・ペイシェント」(かなり面白くなかった・・・)みたいな作品だろうなぁ、と思って観てみたら・・・・
意外と面白かった!もちろんラブストーリーなんだけど、ラブストーリーだけにとどまらない、ちゃんとした「生活感」みたいなのがあった。

南北戦争によって引き裂かれた二人がどう生きたか、というドラマ。戦争のラブロマンスなんていっぱいあるし、結構苦手なジャンルではあるんだけどそんな中にも必死で生きる女性たちのドラマがあってよかった。何も出来なかったニコール・キッドマンが、たくましいレニー・ゼルウィガーが現れて生活力を身につけるところなど、レニーが出てきてからが断然面白い。鶏でさえも殺せなかったのに、銃まで構えて立派な南部女になっていく。ちょっと「風と共に去りぬ」を思い起こさせる南部魂!南北戦争って、アメリカの唯一の内戦。隣人が隣人を殺すこの戦争の無意味さ、リアルな戦闘シーン、歴史上のアメリカの汚点みたいなものをちゃんと描いていたと思う。監督がアメリカ人じゃないから、外国人から見たアメリカの歴史の視点があったんじゃないかな。

それにこの映画は、色んな俳優が出てます。主役も豪華だけど、突然フィリップ・シーモア・ホフマン、ジョヴァンニ・リビシ、ナタリー・ポートマン、ジェナ・マローンなんかがちらっと出てきます。好きな役者ばっかり!びっくりした。ボーっとしてたら見逃しちゃう。あとなぜか「White Stripes」のジャック・ホワイトが出てた・・・あれ??これ誰だっけ?と思ったら。映画初出演だったそうで・・・なかなかでしたよ!個性のある顔立ちしてるしね。
それにしても主役のジュード・ロウとニコール・キッドマンなんていう美しい顔の二人だと、やっぱり絵になるね!ジュリエット・ビノシュなんて絵にならないです。
あ、ちなみに皆知ってると思うけどドナルド・サザーランドは、今をときめく「24」ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)のお父さんですよ、奥さん!ちなみに私はドナルドお父さんのほうが好きです。

そしてこの映画は、レニー・ゼルウィガーの独壇場。彼女は本当に才能のある役者です。キュートで、たくましくて、南部なまりが似合う(そういえば南部出身だっけ・・・・)ちなみに私は「エンパイア・レコード」の頃からのファンです。

あとどいうでもいいけど、ジュード・ロウの頭が心配・・・・ハ○が進んでるような・・・ああいう顔立ちにはハ○はダメです。やばいです。

コールド・マウンテン オフィシャルサイト

2004.11.13  ★★★★
[PR]
by usamari | 2004-11-18 00:31 | あ/か/さ行の映画

漫喫

今漫画喫茶からです。

3連休だったのに、やっぱりだらだらしてしまったー。
昨日は武と池袋行ったけど、ずーっとスロットをやっててだるかった。
でも、10万くらい勝ちました。2000円からだったのに。

その後に池袋の漫画喫茶で「BECK」を読んでハマってしまい、今日もその続きを読みに地元の漫画喫茶へきてます。しかしここのネット超遅い・・・・・。
「BECK」超面白いっす。バンドものはいいねー。

BECK 講談社
[PR]
by usamari | 2004-11-15 20:06 | diary

お久しぶり

なんだか今週は体調があんまりよくなくて、日記をサボってしまった・・・。

今回は土・日・月と3連休♪何をして過ごそうかなぁー。とりあえずビデオ2本観なきゃいけないし。また家でだらだらだろうなぁ・・・・。

今、HDD付きDVDレコーダーがものすごく欲しい。まだ高いから、ちょっと躊躇しちゃうんだけど・・・・今プレステ2でDVDを観てるんだけど、最近調子が悪くてしょっちゅう停止しちゃう。読み込まない。プレステ2が発売されてすぐに買ったから、初期不良品みたい・・・・。だからそろそろ買い換えたいんだけど。ゲームもそんなにやらないし、ここはひとつ安いDVDプレイヤーで我慢しようか・・・・それとも思い切ってレコーダー買うか・・・・悩みます。

BGM:「ENCORE」 EMINEM
[PR]
by usamari | 2004-11-13 12:30 | diary