movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雪の降る町

b0033799_17482190.jpg
とうとう大晦日。
東京にも雪が降りました。
これは家の前の画像です。今日は一歩も外に出てません。
あれやろう、これやろうと思いながらも体が動かない。。。寒いしね。
この分じゃ、明日も映画観にいけないかなー。




ところで、年末になるといつも思い出す歌があります。

ユニコーン「雪の降る町」

僕らの町に 今年も雪が降る
いつもと同じ 白い雪が 積もる積もる
あと何日かで 今年も終わるけど
世の中は 色々あるから
どうか元気で お気をつけて

確かサビはこんなんだったと思います。

良いお年を!!
[PR]
by usamari | 2004-12-31 17:51 | diary

あぶない!

今年ももう残すところあと1日。
いつも普通の日と変わらないけど、たまにはイベントとかに行きたいなぁ。
でも今年は昨日の雪に明日も雪が降るみたいだし、大掃除もしなきゃいけないしまた家にいるんだろうなぁ・・・・。

今日になって奈良の女児殺害事件の犯人が捕まったり、紀宮さんの婚約会見があったり、色んなニュースがあったけど一番びっくりしたのはこれ。

ジェット・リー スマトラ沖地震の被害にあう 足にケガ

最初のニュースでは「津波に飲み込まれ、消息不明」だったんだけど無事だったみたいでほっとした!あー危なかった。ひそかにジェット・リー(リー・リンチェイ)ファンの私としてはホントに安心しました。「ロミオ・マスト・ダイ」のアリーヤの二の舞になるところだった。

友達がバリに旅行で行ってるんだけど、無事かなぁ・・・。
[PR]
by usamari | 2004-12-30 21:56 | diary

The Butterfly Effect

今日は一日家でだらだらしてました。
本当は、「ネバーランド」の試写会が当たったんだけど寒いし面倒だしで、行かなかった・・・今思うとちょっともったいない。

そして、家でぶっきーオススメの「バタフライ・エフェクト」を観ました。オススメするだけあって、すっごい面白い!なんで日本公開しないのー。話は良く出来てると思うんだけどなぁ。主演はデミ・ムーアの彼氏こと、アシュトン・(Punk'd)カッチャー。でも彼が出てくるのは後半で、前半は子供時代。軽くストーリーをまとめると、

父親が精神病院に入れられていた主人公は、小さい頃から「記憶が抜ける」ということがしばしばあった。仲間の4人組でいつも遊んでいたが、重要な記憶が抜けている。ある事件があり、引っ越してして大学生になった主人公は、自分がつけていた日記を読んでいるとその日へ自分がタイムスリップできることに気づく。脳に負担をかけながらも、自分の記憶を埋めていく主人公。しかし、自分が記憶とは違う行動をとることによって、自分を含めた周りの人間に影響を及ぼし、まったく違う人生を送れることに気づいた。あるときは殺人犯になり、あるときは恋人が売春婦になり、あるときは両手を失う。体に負担がかかるのがわかりながら何度も過去へ飛び、皆にとって、自分にとって、どの「現在」がいいかを模索する主人公。そして彼の選んだ道は・・・・

といった感じ。「過去を変える」というのはバック・トゥ・ザ・フューチャーっぽいんだけど、ものすごくシリアス。恋人を巻き込まないために彼が取る行動。最後のオチもすごく良かった。
アシュトンってバカにしてたけど、結構いいじゃん。顔はもちろんいいしね。他の俳優も、すごくいい演技だった。そのうちビデオストレート(未公開でそのままビデオ発売)になると思うので、見てみて!

てかこれ、字幕なかったからキツかったわ・・・英語の字幕さえない。なんとかストーリーはわかったけど、セリフはほとんどわからなかったっす。

ちなみに、「バタフライ・エフェクト」とは、「小さな力が結果的に大きな影響を及ぼす」という意味で、「カオス理論」とも呼ばれる、ちゃんと現実にある言葉。「蝶のはばたきのような小さな風が次々と波及して、やがてとんでもないところで予測不能のことが起きる」という感じですね。

以上トリビアでした!
[PR]
by usamari | 2004-12-27 19:09 | diary

トロイ 【Troy】

b0033799_1812993.jpg
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:ブラッド・ピット エリック・バナ オーランド・ブルーム
2004年 アメリカ

ブラピ様ですよ!ブラピ様の「トロイ」、ついつい見逃してしまって昨日やっと観ましたよ。有名な「トロイの木馬」のお話です。とはいえ、私は神話に疎くあんまりこの話を知らない。こないだ「世界不思議発見」で「トロイ戦争は本当にあった!」とか放送してて、「あれ、これって神話なの??」ってその時初めて知ったくらいです。だからこの映画もすごく興味深く観れました。

3000年もの昔、神々がまだ人と深いかかわりがあり、あがめられていた頃。トロイの弟王子のパリスは敵対していたギリシャのメネラウス王の王妃へレンと恋に落ち、トロイへ連れて帰ってしまう。激怒したメネラウスとその兄アガメムノンはギリシャ中の兵を挙げてトロイへ向かう。その数5万人。勇者アキレスもその中の一人だった。一人の女性によって始まったこの戦争はどうなるのか。

といった内容で、長かった割りには結構楽しんで観てしまった。歴史(神話?)とはいえ、突っ込みどころは満載です。アキレスってあんな兵士だったの?ただの傲慢な男にしか見えない・・・とはいえ、かなり強いんだけど。あと、オーランド・ブルーム(パリス王子)!!情けなさすぎる!あれはちょっと興ざめです。それにくらべてエリック・バナのステキなこと!「ハルク」のときはちょっとプニプニしてたけど、すっごく引き締まってて男らしくてステキでした。情けないパリスの兄、トロイの王子として好演してました。一番良かった。
そしてブラピです。真っ黒い髪の毛の多い中、彼だけ金髪。そしてものすごーくたくましい体。あの体、風になびく金髪を見ただけでもう満足です。というくらい美しかった。なかなか美味しい役だしね。

トロイ戦争に詳しい方、本を読んだ方はきっと「全然話が違うじゃん!」って思うんだろうけど知らなかった私はへぇーへぇーって思いながら見てました。歴史は変えられないとはいえ、偶然が偶然を呼ぶところが多くて「もしこのときこうだったら・・・・」と思わずにはいられない。

とりあえず、オーランド・ブルームが剣の腕はイマイチでも弓矢を持つと強くて、さすが元エルフ!(LOTRのレゴラス)と余計なことを考えてしまいました。

話が難しくないので何も考えなくていいし、存分にブラピの体を拝められる映画ですよ!奥さん!(誰?)

トロイ オフィシャルサイト

2004.12.24  ★★★
[PR]
by usamari | 2004-12-25 18:24 | た/な/は行の映画
b0033799_17375196.jpg
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング、クリストファー・ウォーケン
2004年 アメリカ
※ネタバレがあります。読みたい方は(ここからネタバレ)のところをドラッグすると文字が出てきます。

「エイリアンV.S.プレデター」とどっち観ようかなぁって迷ってこっちにしました。デンゼルが観たかったので・・・・。タイトルもなんか泣けそうだし、ちょっと感動作かも!?と思ってたんですが。タイトルにだまされた人多いんじゃないかなぁ。「レオン」と比較したりしてるし。これ、なんか別物なんですけどー。

殺伐とした世界に生きてきた殺しのプロがあるお金持ちの家の娘のボディガードになり、その娘から優しさをもらい、だんだん人間らしくなっていくという話が前半。そして後半は彼の本領発揮、殺しまくり!!拷問しまくり。こりゃ確かにR15(15歳未満は観ちゃダメ)ですわ・・・。
前半と後半のテンションが違いすぎて、違う映画を観ているみたいだった。舞台をメキシコにしたところが新鮮だったかな。ああいう国では、誘拐事件が多発していてとっても治安が悪い。しかも(ここからネタバレ)→|警察の誘拐担当刑事が身代金を奪ったり、他の汚職警官や政治家も誘拐一味の黒幕なんて|←(ここまで)すごい国だ・・・鵜呑みにしちゃいけないけど、まぁ大げさな話でもないんじゃないかと思う。

寡黙な殺し屋にして人間らしさも見せるデンゼル・ワシントンはやっぱりステキ。実は私は後半のキレまくりの彼のほうが好きだったりする。シビれます。あんま好きじゃないけどダコタ・ファニングちゃんはかわいいね!!あの欠け歯はいつになったら治すんでしょうか?(笑)老けちゃってびっくりクリストファー・ウォーケンがいい人役でさらにびっくり。そして、なんか劇中「あれーミッキー・ロークに似てる。あのにやけた顔・・・」と思ったらご本人でした。(気づけよ)

トニー・スコットは前回「スパイ・ゲーム」同様、せわしなく動き回るカメラがうざったい!焦ってる感じや臨場感を出そうと思って色んなテクニックを駆使してるけど、観にくいだけ。なんかダメなんです、ああいう映像。酔っ払いそう。普通の安定した映像になるとほっとするもん・・・。しかし彼は「ハリウッド的サスペンス映画」を撮らせたら完璧だね。たぶん。

可もなく不可もなく、あんまり心に残らない映画でした。俳優はすごくいいのに、もったいない映画だなぁ。

マイ・ボディーガード オフィシャルサイト


2004.12.20  ★★☆
[PR]
by usamari | 2004-12-25 17:57 | ま/や/ら/わ行の映画

メリークリスマス♪

あれ、いつのまにかクリスマスだよ・・・・

私の場合特に予定もないので、家でこうしてブログを書いてる始末です。
今日は外に出ないぞ!家でめちゃイケスペシャルを見て、映画観て寝ることにします。

とはいえ、23日はゆーみん宅でホームパーティをしました!あれが一番クリスマスらしかったことかなぁ。皆でお鍋して、ワイン飲んでケーキ食べて。まさやんが買ってきてくれたチョコクッキーとチーズが美味しかったなぁー!!
b0033799_17204386.jpgb0033799_17205620.jpg








左はゆーみん宅のぶち猫イクラちゃんと、鳥のウランちゃん。
どちらも攻撃的な性格のようで、ちょっと怖かったです。。。イクラはすっごく美人な猫ちゃんで、魅力的なポーズで誘ってくるのに触ろうとすると「ニャー!!」と引っかかれるという悪女です。触らせてくれー(笑)

皆でDVD鑑賞したんだけどMattが持って来てくれた「elf」という映画は、クリスマスにピッタリのかなり笑える映画です。ウィル・ヘレルというアメリカでは有名なコメディアン主演なんだけど、なぜか日本では未公開・・・知名度がないのかなぁ。しょうがないので英語字幕付きDVDで観たんだけど、英語のほとんどわからない私でもわかる!体の動きやシチュエーションで笑わせる映画なので、まったく問題ないです。ひょんなんことから人間の子供がエルフの国へ来てしまい、エルフとして育てられるが大人になって本当の親に会いにN.Yへ行くというコメディ。クリスマスにはこういう映画がいいよねー。ぜひ観てみてください!

オフィシャルサイト 英語

それでは皆さん、良いクリスマスを・・・・!

b0033799_17335873.jpg

うちの犬にむりやり帽子をかぶせました。ものすごい嫌がってましたが・・・虐待?
[PR]
by usamari | 2004-12-25 17:36 | diary

あややのカラリオ

いやぁ、この一週間胃腸を壊してつらかったです・・・
なんか気持ち悪いし、会社早退しちゃうし。忙しいのに情けない・・・

もう来週はクリスマス!今年は会社の友達と、23日、25日の2日に渡ってパーティです。今までもあんまり彼氏と特別に過ごしたり友達と騒いだっていう思い出があんまりないので、楽しみです!24日は会社だし、毎年クリスマスと言っても普通の日と何も変わりはないんだけどね。でもやっぱり、イルミネーションやクリスマスソングはいいよね。年末だなぁ、クリスマスなんだなぁって実感する。

今日は買ったエプソンのカラリオプリンターが届いたので、早速設置&設定!と思ったら、置く場所がない・・・・色々考えて、パソコンが置いてある机の上に、スチール棚を乗せることにしました。で、ホームセンターに買いに行ったらなんと足のサイズを間違えて、結局机の上には置けなくなり今机の前に置いてあるんだけど・・・邪魔!!あぁ、ちゃんと測って行ったのにプリンタが思ったより大きかった。すごく悔しい!!
でも年賀状は早く作らなきゃいけないので、窮屈な姿勢でパソコンからプリントアウトしました。もーすっごい疲れた。やっぱりこの場所ダメだ、また足買いなおそう。

プリンタはすごく簡単だし早いし、大満足です。さすがあやや(笑)スキャナー、カラーコピー、メモリカードからのプリントアウト、ネガフィルムからのプリントもできてしまう優秀な子です。私からの年賀状、楽しみにしててねー!!
[PR]
by usamari | 2004-12-18 23:28 | diary

Bad Santa

b0033799_075134.jpg
監督:テリー・ツワイゴフ
出演:ビリー・ボブ・ソーントン  トニー・コックス  ローレン・グレアム
2004年 アメリカ

あのアンジェリーナ・ジョリーの元ダンナ、個性派俳優のビリー・ボブ・ソーントンが主演のクリスマスムービー。でも、いわゆる正統派のクリスマスムービーじゃない。主役のサンタはデパートで強盗を繰り返す悪人。しかもアル中、子供が嫌い。そんな男が一人の少年とであって徐々に変わっていくっていう作品だけど、とりあえずF-Word満載のこの映画は、ファミリー向きじゃないことは確かです。

この監督はビジュアルセンスがあって、前作『ゴーストワールド』のような淡々とした感じがいい。笑いもまぁ下品なんだけどありきたりのギャグじゃなくて結構笑えた。脚本が思ったよりしっかりしてて、アラがないしテンポも悪くない。すごーく感動する、とか共感する、とかそういうことはないけどいい映画だった。普通なら悪いことばかりしてきた男がある少年に変えられて、っていう心温まるドラマになるのかもしれないけど、これはとにかく普通の映画の展開ではなく、悪い奴はとことん悪い。そう簡単に子供が好きになれないし、改心なんて出来ない。でもそこがいい。なんだか「ちょこっとほんわか」する映画。不器用な人はずっと不器用で、でもそれはうそ臭くなくて大げさな展開よりはずっといいと思う。

子役がものすごくハマってた!名前もヘンで見た目もデブちんでちょっとのろいけど、すごく優しい子。ニセサンタでも主人公と友達になりたくて、一生懸命。手作りのプレゼントが泣かせます。それにビリー・ボブが最高にいい!!彼はほんとに演技がうまいと思うけど、それ以上に、なんていうかセクシーだよね(笑)私生活では色々あるけど、私はこの役者大好きです。酒とタバコが似合うんだよねー。

最後はクリスマスらしく、ちょっとした奇跡が起きてハッピーエンド。こういう映画っていいよね。今年のクリスマスは子供と一緒なら「ポーラー・エクスプレス」、大人ならこの映画を観て欲しいです。

バッドサンタ オフィシャルサイト←不敵な笑みのビリー・ボブがステキ。

2004.12.13  ★★★★
[PR]
by usamari | 2004-12-14 00:29 | た/な/は行の映画

まとめて更新

最近ちょっとサボってしまったので、おとといくらいからの分をまとめて更新。
仕事にハマってしまって、なんだかぐったり疲れた一週間だった・・・

12/11(土)
お休み。武とうちでコーエン兄弟の「レディ・キラーズ」を観てたら途中でDVDが止まってしまい、どうしても見れない。仕方なくパソコンで続きを見たけど、やっぱり大画面のほうがいい。もうプレステ2は使い物にならない・・・。すっごく悔しくて、そのままドンキホーテに行き、プレイヤーを買う。怪しいメーカーのは6千円くらいで売ってたけど、パナソニックのちょっといいやつを買った。薄くて使いやすくて満足。帰ってきて「ドリームキャッチャー」とTVでやってた「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」も見た。何回見てもLOTRは面白い。映画を見てごろごろした一日でした。

12/12(日)
朝から雨で、ずぶ濡れで会社へ行きテンションが落ちる。仕事が忙しくて、一人でバタバタしてた。夜は会社の人の送別会で、新宿はアイランドタワーのベトナム料理店へ。たぶん日本人向けのベトナム料理だと思うんだけど、すごく美味しくってびっくり。思わず食べ過ぎました。飲み物もベトナムの焼酎、お茶、ビールなど揃ってます。かなりオススメのお店!

ニャーヴェトナム・シノワ

12/13(月)
いい天気。お休みだし、用事を済まそうと思って銀行へ行ったらすでに窓口が閉まってる。なんだか損した気分・・・・そのままビックカメラへ行って念願のプリンターを買う。安いHPにしようと思ったけど、店員の説明を聞いているうちになぜかエプソンの新しいのを買ってしまった。まぁ、スペックがいい割には安く済んだかな。そして「バッドサンタ」という映画を見た。平日の夕方だからか、客は私を入れて2人・・・面白い映画なのに。その後HMVにてU2のアルバムを買い、地元のファミレスでKimとご飯。

やっとプリンターを買ったので、年賀状を作らないと!もう間に合わない!
しかし年末は何かとバタバタしますねー。
[PR]
by usamari | 2004-12-13 23:57 | diary

厳しい季節

寒くなると身も懐も寒い感じがして、寂しいですね・・・・

今日はボーナスの明細をもらいました。
かなり減っててショック・・・・・・思ったよりだいぶ少なくて、税金までかなり引かれてました。会社の状態からすればしょうがないけど、後は自分次第ってことですね。
皆さんはどうでしたか?

とりあえず、DVDレコーダーは買えません・・・ショック!でもプレステ2が調子悪いので、安いプレーヤー買おうと思います。それと年賀状用のカラープリンタ。後は正月のバーゲンまでお金使えないかな。年末の色々ある時期なのに、厳しいなぁ。
[PR]
by usamari | 2004-12-09 00:14 | diary