movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ありがとう!!

今日は、会社の仲良しゆーみんの退職日。
彼女は妊娠していて9月出産予定。ギリギリまで働いてくれました。今までほんっとありがとう。会社で皆でピザを取ってパーティをしました。名残惜しいけど、また会えるよね。とりあえず家に押しかけるので、まこってぃに宜しく言っといて!
とにかく、これから来月も2人辞めるしかなりピンチです。。。

その後えいちゃんとえいちゃんのダンナ、オーストラリア人のJamieと3人で飲みに行きました。Jamieはまだ日本に来て1年経ってないけど、だんだん日本語がわかるようになってきた!最初はあまり話せなかったけど、何回か会ってて最近しゃべれるようになったのが良くわかる。この2人はもうラブラブで、見ているこっちが恥ずかしい・・・・やっぱり私は日本人的なんだなぁ。でもうらやましい(笑)

for Mr.& Mrs. Williams
I had a great time with you guys, we were lot of talk about strange movies! Was it great fun, wasn't it? I'd like to go your place next time. I'll bring the "Team America" DVD, why don't we watch this together? and also I'm looking foward to Jamie's cooking.
see ya!

すみません、とりあえず日本語の読めないJamieのために英語でメッセージを書けといわれたので書いてみましたが、超適当。ま、合ってても合ってなくてもなんとなくわかるっしょ。私の英語力なんてこの程度。たぶん、a とかthe とか色々抜けてます。あはは。。。

さっき4本もDVD借りたし、観なきゃいけないのが2本溜まってるし、この日月は引きこもり決定!さ、早く観なきゃ♪
[PR]
by usamari | 2005-07-31 01:21 | diary

Mojito

最近、私が好きで良く飲んでいるお酒「モヒート」。
Eちゃんが教えてくれたんだけど、なんとも爽やかで飲みやすいカクテル。

まずお砂糖、ミントの葉っぱをいっぱい!をグラスにいれてミントをすりつぶす。そこにライム・ジュース、ラム、クラッシュドアイスを入れてステアします。ミントとライムの香りが夏っぽくて、ハマります。ジントニックみたいな爽やかな味が好きなんだけど、ジンは悪酔いするしいっぱい飲めません。

昔カリブ海を荒らしまわってた海賊が作ったというふるーい歴史を持つカクテル。キューバのバーから有名になったらしいです。これ飲むと、ラテンの血が騒いで踊りたくなります(笑)

でも、土曜の夜にEちゃん、Char、Rusと4人でモヒート飲みすぎて、騒ぎまくって終電逃すわひどい二日酔いだわで大変でした。。。未だに胃が荒れてる感じ。

飲みすぎ注意
[PR]
by usamari | 2005-07-25 15:53 | diary

it's very hot today.

What the hell !!

ものすごい暑さですね。夏ってこんなに暑かったっけ?
外歩いてるだけで、息苦しいし、皮膚が焼けそうだし。
うちは東京の中でも一番気温の上がる地域だから、余計暑く感じる・・・・

実は、先週の火曜日に原付を撤去されてしまいました!!!
そりゃ、駐輪禁止区域に停めてる私が悪いんだけどさぁ。。。2年間同じ場所に停めてていつもは遅い時間の出勤だから全然平気だったんだけど、たまたま出勤の早い日に限ってその日が撤去日だったりして。
もーびっくりですよ。盗まれたわけじゃないんだけど、盗まれた気分。

¥3500払わなきゃいけないし、取りに行くのに平日じゃないとダメだしでなかなか行けません。区民税とか払ってるのに、なんでまたさらに払わなきゃいけないんだろう。区営のはずの駐輪所だって、なぜか結構なお金かかるし。ああいうのって、税金払ってるんだからタダにするべきなんじゃないの!?私達の税金は、どこでどう使われてるんだろう。。。郵制民営化とか言う前に、そういうところでどうにかならないんだろうか。

はー。外も暑いのに私まで熱くなっちゃったよ。今日原付取りにいったら祝日だからやってないし。最近いいことがないのです。
[PR]
by usamari | 2005-07-18 22:55 | diary

sold out!!!!

うー。
ぐずぐずしているうちに、サマソニの2日目のチケットが売り切れたようです。。。
もー!超悔しい。もっと早く買っておけばよかった。前は2週間前くらいでも余裕で買えたのになぁ・・・oasisが出るからかな?
フジロック1日目も行きたかったけど、遠くて足がない&お金がないので諦めて、今年はサマソニだ!と思ってた矢先だったのに。こういう夏フェスは有名になったから、早めにチケットゲットしないとダメなんですね。。。。

今日は家でダラダラして、「テッセラクト」を観ました。名前が「4次元立方体」なので、なんか「CUBE」みたいなのかなーと思って期待してたのに、単にタイを舞台にしたドラッグを巡る話。どこが4次元立方体なの??マトリックス風の映像??時間軸をずらす演出の映画だって腐るほどあるし、ただのドラッグ犯罪映画じゃん・・・・。ラストもやけにあっさりだし、詰まらなかった。

冒頭、汚いタイのホテルの1室で突然時間が止まって・・・っていう描写で、すぐに「ザ・ビーチ」に似てるなーと思って、キャスト&スタッフ見てたらやっぱり同じアレックス・ガーランド原作だったのね。彼の原作は映画化するべきじゃないかもね。てかあの原作で映像化は無理っしょ。テッセラクトは読んでないけど、多分複雑で混沌とした話だと思う。

主演のジョナサン・リース・マイヤーズは結構好きなんだけど。子役もかわいかったし。でもそれだけだったなー。

b0033799_2017483.jpg

「テッセラクト」 アレックス・ガーランド著

原作は面白そう。
[PR]
by usamari | 2005-07-16 20:21 | diary

エピ6

昨日、TVでSWエピ6やってましたね!!

仕事から帰ったら、ちょうどイウォーク(くまさん)達が戦ってました。
やっぱり、3を見た後だと全然違うねー・・・・・話が深いね。最後、ダースベイダーが死ぬ場面でなんか感慨深くなっちゃったよ。you were right.って。アナキン、最後にやっと昔の自分に戻ったのね。ダークサイドから抜けたから、だから「ジェダイの帰還」なのかしら。

そして、ラストシーン。死んでしまったジェダイたちが出てくるんだけど、なんとダースベイダーがヘイデン(2.3のアナキン役)に差し替えられてた!前はあのおっさんだったのに!若くなってる!だったらオビ=ワンもユアン・マクレガーに差し替えてあげればよかったのにね(笑)

4.5.6と普通に楽しめて、1.2.3と見てまた4.5.6を見たら違う映画みたいなんて、こんな映画ないですよ。色々欠点はあるものの、やっぱりSWはすごい!ジョージ・ルーカスすごい!

4.5.6のDVDBOXが非常に欲しくなってしまいました。
[PR]
by usamari | 2005-07-14 14:07 | diary
b0033799_22513264.jpg
監督:ジョージ・ルーカス
出演: ユアン・マクレガー ナタリー・ポートマン ヘイデン・クリステンセン イアン・マクディアミッド サミュエル・L・ジャクソン  ジミー・スミッツ クリストファー・リー
2005年 アメリカ

<<ネタバレあります>>

スター・ウォーズ!!!今年一番の期待作。もう終わっちゃうんだ、、、って寂しさと、早く観たい!!っていう複雑な感情でした。思えば、私が1歳のときに「エピソード4」が公開したんだね。(年がバレます)なので、旧3部作を映画館で見ることはなかった。初めて観たのは中学生のとき。ビデオで3作一気に観て、ハマりました!!リアルタイムで観れた方々が本当にうらやましいです。

やっぱり6部全部見て初めて完結する作品なので1本の映画としてどうなのかっていう評価はできません。私には。もう、「3」として考えたら申し分のない出来だと思います。もちろん、また変な編集だなぁとかやっぱりラブロマンスやドラマ部分は下手だなぁとか、まぁ色々突っ込みはあるけど、きちんと4から後の話へ繋がってるし、映像も素晴らしかった。

なんといっても、ダークサイドへ落ちた後のアナキンの運命の悲惨さが切なかった・・・・パドメを救うためにダークサイドへ行ったのに、そのせいで結局パドメをなくし、あんな姿にされて。もちろん、力が欲しいっていう欲求が強かったせいで、自業自得でもあるんだけど、本当に本当は元々悪い奴じゃないんだ、、、ってわかって切ない。愛する人を守りたいっていう純粋な心だったのに。旧3部作は、単純に悪い奴で心なんてないんだろうと思ったけど、これを見てからだとガラっと印象が変わります。最後のオビ=ワンとの対決で泣いてしまった。そこからはもう、ウルウルしまくりですよ。SWで泣かされるとは(笑)

初めて、スクリーンでダース・ベイダーを見ました。もうそれだけでかなり感慨深いです。ベイダーになったと同時に、パドメとアナキンの双子、ルークとレイアが産まれる。そして、シスとベイダーの目の前にはデス・スターが・・・・27年前に初めて見た人は、もっともっと感動が深いんだろうなぁ。

これを見た後4から後を見ると、確かに映像は古臭いし戦い方もゆっくりで笑っちゃうけど、全然違う映画みたいに見える。ただの冒険活劇で、勧善懲悪の映画だと思ってた。でももっともっと善悪は曖昧で、アナキンと家族の話だったんだなぁとやっとわかった。だけど、旧3部作のあのアクションも好きだったんだけどなぁ。変な惑星の宇宙人とか想像力に驚かされたし、映像が洗練されすぎてあの古き良きB級っぽい雰囲気がなくなっちゃったのは、それはそれで残念かも。

キャストが見事にぴったり。ヘイデンもうまいじゃん。びっくりした。特にユアン・マクレガーが風格が出てきてほんとにかっこよかった・・・・元々好きだけど。冒頭の、議長を救いに行くシーンでの飛行機降りてすぐ敵を切る一連のアクションがものすごくものすごくかっこよかったよ・・・・。でも、アナキンにとどめがさせなくて、4でベイダーにやられちゃうんだよね・・・。

って、書いてると止まらないくらい次々と色々思い出されて感想が尽きません。また見に行きたいな。クローン大戦もビデオに撮ってあるし、しばらくは私の中でSW祭りが続きそうです(笑)

ちなみに、私はTジョイ 大泉で見たんだけど、ここには世界でも250館、日本でも30館くらいしかないデジタルシネマプロジェクターがあります。ジョージ・ルーカスがSWを上映するならデジタルスクリーンで!って言ってたけど、ここはその環境が整ってるし音響もかなりすごいのが入ってます。SWを観るならここがオススメ!!!

関係ないけど池袋の映画館前にて結構気さくなベイダー発見

b0033799_23372552.jpg
知らない人も一緒に写っちゃった(笑)

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 オフィシャルサイト

2005.7.11  ★★★★★
[PR]
by usamari | 2005-07-11 22:55 | あ/か/さ行の映画
b0033799_22272159.jpg
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:トム・クルーズ ダコタ・ファニング  ティム・ロビンス ジャスティン・チャットウィン ミランダ・オットー
2005年 アメリカ

最近何かとお騒がせのトム・クルーズ×スピルバーグ監督最新作。「マイノリティ・リポート」も 良かったし、結構期待して観ました。ちなみに、「スター・ウォーズ3」初日で、映画館が激混みのでしたが、なぜか私はこっちを見ました(笑)

予告だと、何がどう地球を破壊するのか良くわからないけど、やっぱりこの手の作品は敵が見えないほうが怖い。出てきた瞬間「あぁ・・・(苦笑)」って感じですかね。スピルバーグは何でもそうだけど、見えそうで見えない!っていう演出がすごくうまい。「激突!」「E.T」「ジョーズ」、それがハラハラして良いよなぁ、と前半思いながら観てました。「アレ」が出てきちゃうと、とたんに違う映画ジャンルのになってきてしまう。もちろん最後まで飽きさせないし映像はすごく良く出来てるけど。オチも最初「??」って思ったけど、まぁアリかなぁ。

観てる途中でなぜか「サイン」を思い出してしまった。あの映画にちょっと似てる。サインは本当にごく1部の家族の話だったけど、これは地球全土の大戦争。でも、スーパーヒーロートム・クルーズはここではまったく普通の男。しかもちょっと自分勝手でイヤな奴。だから、大戦争なのになぜか話はこじんまり、トムちんの活躍はあんまり見られない。しかも結構運が良くて、都合よく生き延びる(笑)

良く出来てる映画だと思うし、普通に楽しめる。でも、でも何が気に入らないってダコタ!うざい(笑)もちろん子供だから、実際ああいう場面になったら叫んだりうるさいんだろうけどさぁ。大人びた口利いといて、次の瞬間「ギャーギャー!!!」ってうるさいうるさい。「静かにしろ!」って怒鳴ってたトムちんが演技じゃなく素に見えたよ(笑)私は元々この子が苦手だからか、妙に気になってしょうがなかった。いくつになっても前歯が抜けてるしさぁ(どうでもいい)

結果、私は「サイン」のほうが好きでしたとさ。
ちなみに、ナレーションはあの「最近なんでも出る男」モーガン・フリーマンでした。また?!この夏、彼の映画ばっかりじゃない!?ジェット・リーとの「ダニー・ザ・ドッグ」もあるしね。これでスター・ウォーズにも出てたら、完璧だったね(サミュエル・L・ジャクソン=メイス・ウィドウの代わりとか)

宇宙戦争 オフィシャルサイト

2005.7.9  ★★★
[PR]
by usamari | 2005-07-11 22:46 | あ/か/さ行の映画

マシニスト【Machinist】

b0033799_21561690.jpg
監督:ブラッド・アンダーソン
出演:クリスチャン・ベール、ジェニファー・ジェイソン・リー、アイタナ・サンチェス=ギヨン、ジョン・シャリアン
2004年 スペイン・アメリカ

これは予告でガリガリのクリスチャン・ベールを観た瞬間、映画館で見ようと思ってて観そびれてた1本。DVDをもらったので早速観てみました。なぜか字幕がデンマーク語・スウェーデン語しかなくて、デンマーク語で見ました(笑)

機械工のトレヴァーは、1年間も眠れない。体重は減り、幽霊みたいな顔に同僚も心配する。だが、彼の周りで同僚が事故にあったり書いた覚えのないメモが家にあったり、奇妙なことが続く。誰かが自分を落としいれようとしていると、だんだん精神を病んでいき・・・・。

こういう手の話、私は大好きです。なんていうか目に見えない恐怖がじわじわとにじみ出てくる演出が良い。書いた覚えのない「ハングマン」のメモ、不気味な同僚、悪趣味な遊園地のお化け屋敷等。血のしたたる冷蔵庫も怖い。「なぜ眠れないのか」という理由が最後に明らかになるが、その理由よりもそういった精神的な怖さにこの映画の面白さがあると思う。

この監督の前作「セッション9」もそうだったけど、オチ自体はたいしたことないんだけどそこへ持っていくまでの描き方がすごくうまい。そこまで引っ張る力がある。この「マシニスト」は前作よりさらに細かいところへ伏線を張り、あぁなるほど、とすっきり納得が出来るような感じ。

とにかくクリスチャン・ベールのやせ方が異常で、30kgくらい体重を落としたらしい。もう、骨と皮だけ。死んじゃうよ。「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガーよりすごい(笑)その後さらに「バットマン ビギンズ」でかなり体重増やしてるし、命がけだなぁ・・・・。彼は「アメリカン・サイコ」といい、こういう役がすごく合ってる。精神的におかしい演技が最高にうまい(褒め言葉です)

ネタバレになるので詳しくは書けないけど、途中でだいたいオチはわかってしまう。それでも、最後のハングマンゲームの答えを観た瞬間私はぞーっとしました。とにかく、ちょっとした出来事、映像が精神的な怖さを煽る。

この映画観ると、ダイエットしたくなくなるかも(笑)

※ハングマンってあんまり日本人にはなじみがないけど、英語の文字あてゲーム。ブランクにアルファベットを入れて文字を完成させるんだけど、間違えると絵に線を足していき、男が首を吊るっていうちょっと過激なゲームでこういう映画に出てくると不気味さ満点。

マシニスト 公式サイト

2005.7.2  ★★★★
[PR]
by usamari | 2005-07-11 22:23 | ま/や/ら/わ行の映画

久しぶりかも

ずっとブログサボってました・・・すいません

最近、会社に水槽と熱帯魚が入りました。風水だとかで。意味不明だけど、お魚ちゃんはすごくかわいい・・・・。

b0033799_21513762.jpg


他にも4つくらい水槽と違う種類のお魚ちゃんがいます。癒されるよー。

昨日は会社で一番仲の良かったキョンの送別会。もー泣きそうになったよ。寂しすぎます。寂しすぎて飲みすぎて、醜態をカメラに収められてしまった。現像に出すのが怖い・・・・・しかし久しぶりに酔っ払ったーって感じだったなぁ。
キョン、また遊ぼうね!

最近結構映画を見たので、覚えているうちに感想をUPします。
[PR]
by usamari | 2005-07-11 21:55 | diary
b0033799_23353363.jpg
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール リーアム・ニーソン モーガン・フリーマン ゲイリー・オールドマン 渡辺謙 マイケル・ケイン
2005年 アメリカ

待ってましたバットマン!!最近のバットマンは、ただのお子様映画になってたけど今回は結構大人な作品になりました。
皆が知ってるバットマンの、誕生秘話。どうしてバットマンになったのか。ブルース・ウェインとは一体何者なのか・・・といったことが描かれています。ストーリーもしっかりしていて、見ごたえがありました。コウモリってただのコスプレかと思ったら、ちゃんと意味があったのね(笑)あのバットスーツ、意外と耳が付いててかわいいよね。

監督は「メメント」のクリストファー・ノーラン。こういう大作もちゃんと作れるんだ。「インソムニア」はあんまり良くなかったけど・・・・・しかし、この人は題材の暗い作品ばっかりだなぁ・・・・。時間の関係か、ちょっと展開が早いかなって思った部分もあったけど、ちゃんとブルースの心の動きに焦点を当ててて良かったです。

バットマン役のクリスチャン・ベールは、歴代バットマンの中で一番ピッタリでした。ハンサムで、体もがっちりしてて、暗い目をしてて。最初のバットマンも好きだったけど、主役がマイケル・キートンじゃねぇ・・・・(笑)
最初のリーアム・ニーソンとの訓練の場面は、「スター・ウォーズ エピソード1」のクワイ・ガン・ジンを思い出してしまったよ(笑)他のキャストも良かったけど、何と言ってもマイケル・ケイン。彼のおかげで暗くなりすぎずに済んだ。あの飄々とした演技は彼ならではですね。渡辺謙は・・・出番少なすぎ。ちょっとあれは・・・。存在感はあるのに、惜しい。しかしモーガン・フリーマンにゲイリー・オールドマンといい、いい役者を揃えたなぁ。
すごいどうでもいいけど、モーガン・フリーマンて最近良く出るね。しかも何気に出演作が多くて、なんで?!っていう映画にまで出てる(笑)

そういえば、お騒がせのトム・クルーズの婚約者ケイティちゃんは、ちゃんと映画館で見たの初めてだけど日本人が好きそうな可愛いさ。聡明そうだしブルースの彼女役がハマってて良かったです。でもこないだ見たMTVムービーアワードのケイティはなんか可愛くなかったなぁ・・・・。

夏の大作にふさわしい、楽しめる映画です。ぜひ映画館でどうぞ!!

バットマン ビギンズ オフィシャルサイト

2005.6.27  ★★★★
[PR]
by usamari | 2005-07-02 23:57 | た/な/は行の映画