movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

日記妻

今やってるTVで、「日記妻」(ブログマダム)なるものが紹介されています。

爆笑問題 スタメン

30代くらいの主婦が、夫そっちのけでブログを中心に生活をしているのを密着しています。ブログって、そんなにハマるもん??私はブログにそんなに執着がないからなんか不思議。1日何もないと書くネタもないし、フツーの生活を書いても面白くないし・・・・って思ってしまう。映画や音楽のネタがあるから続けているものの、ほったらかしにしてることもしばしば。

ブログの魅力って何だろう。と考えてみました。

・1つ1つの記事に対してコメントをしやすい
・同じ趣味の人が集まるので、友達が増える
・HPより管理・書き込みが楽
・トラックバックがすぐできるので、気軽にリンクができる(輪が広がる)

こんなところかな。
私にとっては、HPより管理や作るのが楽っていうのがやっぱり魅力的です。
面倒臭がりなので人気ブログにしよう!とか全然思ってないし、自分の映画のコメントを記録する地味な趣味、って感じかなぁ。後から見たときに、去年の今頃こんな映画見たな、とかこんなことしてたなぁ、とか思い出す程度です。

でも今、新しい機能のついたブログが出てるし色んなことが出来て楽しそう。記事が増えたときに管理しやすいタイプが気になる今日この頃・・・・。
[PR]
by usamari | 2005-10-30 23:18 | diary

Happy Halloween !!

10/31はハロウィン。
最近日本でもお店でハロウィン関連のグッズが多く見られるようになりましたね!

会社では、昨日いち早くハロウィンパーティがありました。
着ぐるみのぷーさん、忍者、電車男(要するにオタクの格好)、海兵隊、みんな気合入れて仮装してて、仮装を見るだけで面白い!私はドンキで買った猫の耳としっぽだけ(笑)いやー楽しかった。
ところで、皆さんハロウィンの意味を知ってますか?私もなんとなくしか知らなかった。

ハロウィンとは?
是非参考にして、今日明日とパーティを楽しんでください。

これじゃあ猫というよりネズミじゃ・・・・・?
[PR]
by usamari | 2005-10-30 09:56 | diary
b0033799_23414262.jpg

去年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門を受賞したこの作品。日本では六本木ヒルズのレイトショーでひっそりと公開されていました。こういう作品こそ、本当に見るべき映画だと思う。

ケネディ大統領と、ジョンソン大統領の下で国防長官を務めたロバート・S・マクナマラ氏の告白式ドキュメンタリー。ドキュメンタリーというと堅苦しい印象があるけど、この映画はほんっとにすごい。まったく飽きさせず、私たちの興味は尽きない。編集・映像の力もあるけど、第二次世界大戦で東京大空襲を実行したメイル少佐の部隊に在籍、フォードの社長を務め、国防長官としてキューバ危機、ベトナム戦争を指揮したマクナマラ氏の発言の数々がショックで、考えさせられる。この話が事実であることを忘れてしまうくらい、ドラマティックで残酷な戦争の真実。そんな大物が赤裸々に物事を語っているのにもびっくり。

彼の言うことはもっともだけど、結局は「戦争を止められなかった男」。ベトナム戦争時にはかなりの非難を浴びた。これが戦争を止めたなら、英雄として歴史に名を残しただろうけど彼は英雄ではなく「たまたまその時にその立場だった」凡人の1人だと思う。だからこそ、「凡人」が国防長官という権力がある地位でいる、ということが怖くなった。凡人でもバカでも、大統領や国防長官になれるという事実。今のアメリカもまさにそう。結構率直にアメリカ批判するマクナマラ氏。ブッシュ大統領とその側近達は、この映画を見たのだろうか??

この映画で使われている実際の昔の映像や肉声、特にケネディ大統領とマクナマラ氏の電話のやり取り等とても興味深い。あんな肉声のテープ、良く集めたなぁ。インタビュアー(監督)が出てこず、裏方に徹したのも、フォーカスがマクナマラ氏だけに当てられあちらこちらに話が飛ばず、良かった。

第一次世界大戦時に生まれ、20世紀の戦争を一番間近で見てきたであろう男の体験の数々は、とても貴重だ。どんな経験をしても、人間の本質は変わらない。理性だけでは戦争は回避できない。核戦争に至らなかったのはただ運が良かっただけ。戦争の「定義」「道義」によっては犠牲者数は減るだろう。でも、人間が人間でいる限り戦争は続く・・・・・戦争の本質は誰にもわからない。だからfog of warなのだ、と彼は言う。だけどこれからの明るい未来のために、二度と同じ過ちを犯さないように、後悔を込めつつ、彼は重い口を開いたのだと思う。最後、これ以上は語らないと言った彼の横顔が印象に残る。

戦争とは何か。何が許されて何が許されないのか。自分のしてきたことに誇りを持っていると言いながらも、常に自問自答している85歳の老人と同じく、私たちもまだ答えを見出せずにいる。

Story
ハーバード大学院卒、フォード社社長、ケネディとジョンソン政権下で国防長官、さらに世界銀行総裁を務め、現在85歳になったロバート・S・マクナマラ氏が、11の教訓とともに自らの体験を語り、キューバ・ミサイル危機やベトナム戦争の秘話を明かしていく。

監督:エロール・モリス
出演:ロバート・S・マクナマラ
2003年 アメリカ

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元国防長官の告白 オフィシャルサイト

2005.10.24  ★★★★★
[PR]
by usamari | 2005-10-25 00:44 | た/な/は行の映画

Tony&Guy

昨日は久しぶりにヘアサロンに行ってきました。
サロンは大好きなんだけど、今伸ばしてるし忙しくてなかなか行けなくて、ほぼ3ヶ月ぶりです。今回はえいこちゃん行きつけのTony&Guy 原宿店へ2人で一緒に行きました。

ここすっごい良い!!他の人気サロンと違って静かで落ち着いてるし、基本スタイルがお姉さん系なので私にぴったり(笑)良い感じに仕上げてもらいました♪えいこちゃんとしのちゃんが通ってるので、私もしばらくここに通おうかなぁ。

久しぶりにJR原宿駅から行ったけど、すっごい人がいっぱい!!くらくらしちゃった(笑)土曜日だからかなぁ。それに外国人の割合がすごい増えた。いつの間にか、外国人の観光地になってるね。東京に来たら、秋葉原と原宿!って感じなのかな。

その後はえいこちゃんとショッピングして、elephant cafe(ここも外国人ばっかり!!びっくり)でご飯を食べて、えいこちゃんのダンナJamieが仕事終わったので合流して飲みに行きました。

やっぱサロンに行った後はこうやってプラプラするのがいいですね。かっこよく髪をセットしてもらっているので、無敵な気分だし!でも次の日から二度と同じ髪型が出来ないんだよね・・・・専用スタイリストが欲しい!!
[PR]
by usamari | 2005-10-23 17:54 | diary

新宿の夜

b0033799_185524.jpg

これはどこから撮った写真でしょうー?
わかったあなたはかなりの新宿通。
携帯で撮ったから、あんまりキレイに写ってないけど。



b0033799_184254.jpg

西新宿の思い出横丁にある、とあるバーの屋上です。かなり小さいところで、掘っ立て小屋みたいな建物。火事になったら絶対死ぬ!っていうようなところ。前に大火事があったけど、確かにこんな狭い路地だしあっという間に大火事になりますね。こんなところに、屋上のあるバーがあるなんて知らなかった。今日はEちゃんとDanielと飲みました。外で飲むのは気持いいですねー。

最近は、会社が終わった後普通に居酒屋ではなく、会社の近くの酒屋で缶ビール買ってそのままそこの隣で皆で飲んだりしています。外で飲むのは開放感があって楽しいし安い!でもこれも、冬になるまでの間。もうすぐbeer shopの季節が終わると思うとちょっと寂しかったり。
[PR]
by usamari | 2005-10-21 01:14 | diary

ノリノリと癒し系

b0033799_2257164.jpg

FRANZ FERDINAND "You Could Have It So Much Better"

先日誕生日プレゼントに頂いたアルバム。すっごい良いです。私好み♪スコットランドのフランツ・フェルディナンドって舌を噛みそうな名前だけど、ちょっとkillersっぽいポップで80'sな感じ。2ndアルバムです。聞きやすいし、踊りたくなるノリノリサウンド。強弱がついてて、トータルバランスが良いアルバムです。この中の「Do You Want To」という曲は割りと有名で、聴いた事があったんだけどこのバンドだって知らなかったー。
てかもらってすぐこれの前の1stを聴いてたら、take me outって曲は何かで聴いて気に入って、探してても題名がわからない曲だった!なんか発見できて嬉しい。


b0033799_2364552.jpg

The Flaming Lips"Yoshimi Battles the Pink Robots"

最近良く聴く、かなり変わったタイトルのこちら。ジャケットがもう癒し系。おっさんバンドで大分古いアルバムだけど、心地よいサウンドですごく浸れます!この中の、「Do You Realize??」という曲がかなり良い。ビデオクリップも、音楽も、歌詞も変わってるんだけどなんだか心に響いてくるから不思議。
[PR]
by usamari | 2005-10-16 23:18 | music♪

videoも見れるipod

うぉーーーー

やられたー!
また新しいipodが出たー。
今度はミュージックビデオも見れるんだってさ。しかも30GBもあるんだってさ。色も黒があって、薄いんだってさ。。。。

ちょっとぉー!こないだ20GB買ったばっかりなのに。どうせなら30が欲しかった。新しいのが出るのはまだまだ先だと思ってたのに。昨日Benが言ってて、彼もがっかりしてた・・・・(彼は私の次の日に、黒いipodが欲しいと言ってnanoを買ってた)

15,000曲、25,000枚の写真、150時間のビデオ。30GB 7500曲 ¥34,800

迷った末に高いけど気に入った服を買って、次の日にその服がバーゲンで半額になってたのを見たくらいショックです(これって結構ショックだよね)
[PR]
by usamari | 2005-10-15 00:59 | diary

バス男・・・・・

大ショック。

私の大好きな「Napoleon Dynamite」が・・・・

b0033799_23564299.jpg


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ってさぁ・・・・「バス男」って・・・・確かに彼はnerdだけどさぁ・・・なんか違うでしょ・・・・あぁ、これでタイトルみて間違えてみんな見なくなっちゃうよ。これ、今は「電車男」にあやかって流行るだろうけど、何年後かはどう思うんでしょ???絶対誰も見ないカルトムービーになっちゃうよなぁ。

内容は「電車男」とぜんっぜん違うのであしからず。バスもほとんど出てこないし、何の関連性もないです・・・。この邦題考えた会社って一体・・・・
[PR]
by usamari | 2005-10-11 00:03 | 映画あれこれ

Mr.&Mrs. Smith

b0033799_15211567.jpg


命がけの夫婦ゲンカ

今話題のカップル、ブラピ&アンジー。この映画で知り合って、今付き合ってるとか付き合ってないとか・・・・・この映画を見る限り、いやあんたたち絶対デキてるでしょ!と思わずにはいられないシーン満載でした。

話は単純、異国の地で知り合った2人はたちまち恋に落ちる。が、実はお互いプロの殺し屋。ずっとそれを隠して結婚してたけど、ある日ターゲットが同じになり、お互いが邪魔になり仕事のライバルになってしまう・・・・という。典型的なハリウッド映画ですね。

結婚6年目、最近マンネリ気味で刺激がないわ・・・という悩みは誰もが同じ。やっぱり刺激は必要、でもこの二人の場合は普通の刺激じゃない。殺るか殺られるか、命がけだからこそ刺激も強く結びつきも強くなる。最近マンネリな夫婦はぜひ見て欲しい(笑)やっぱりこれくらいしないとね(ウソです)

お互いの結婚に仕事を持ちこまず、ひたすら隠す二人の生活が面白い。超豪邸の台所から、アンジーのナイフやら銃やら、武器がこれでもかと隠されていて秘密の要塞みたい。ブラピは離れの倉庫の地下に隠し、お互いごまかしの生活。セリフも結構おかしくて、前半はもう絵に描いたような、表面的「幸せな夫婦生活」。「夕食は7時よ」「いつもいいタイミングに帰ってくるのね」「君の料理は最高だよ」。でも、後半お互いの秘密がバレた後は「君の料理は最低だ!」「実は前に結婚してたんだ」「はぁ?その女の社会保障Noを教えなさいよ・・・・・別に殺さないから!」一緒に敵陣に向かう最中にこの始末。

とにかく全編に渡ってブラピとアンジーの痴話げんか。ものすごい死闘を繰り広げた後のあのシーンは、ほんと失笑。ていうか、ブラピさんこういうシーンがやりたいがために、この仕事引き受けたでしょ?ね、絶対そうでしょ?

b0033799_15333672.jpg

↑ ↑
こういうシーン。てか全編こんな感じなんですけど・・・・。ブラピはこういう映画出ないと思ってたけど、やっぱりアンジーの魅力は偉大です。

話はどうしようもないけど、アンジー姉さんはほんっとキレイでした。たまりません。スタイリッシュなファッションも良くお似合いで、もうブラピなんて霞んでしまいます。やっぱりアンジーのお相手にブラピじゃ役不足だよなぁ。「狂っちゃいないぜ!」のビリー・ボブくらい、アンジーより存在感がないと。ビリー・ボブと比べたら、ブラピなんてお子様ですよ。お互いに銃を構えるシーンの、アンジーの美しいことといったら!!!同じようなアクションの「トゥームレイダー」はどうしたの?っていうくらい美しくなかったけど・・・・。

あ、デートムービーとしてオススメだけど、カップルで見に行って彼氏がアンジーにメロメロになっても責任は持ちませんのであしからず。

NOTE
監督:ダグ・リーマン
出演:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、アダム・ブロディ、ケリー・ワシントン、ウィリアム・フィクトナー
2005年 アメリカ

Mr.&Mrs. Smith オフィシャルサイト
2005.10.3  ★★☆
[PR]
by usamari | 2005-10-10 15:49 | ま/や/ら/わ行の映画
b0033799_13584169.jpg

Welcome to Tim Land!!

友達に「DVDあるから貸すよ」と言われても、映画館で見る!と意気込んでいた私。ティム・バートンファンの私としては、映画館で見ないわけにはいきません。いやぁーよかった!!!

「ビッグ・フィッシュ」もとてもいい映画だったけど、ちょっとティム色が薄かったような。ここへきて、やっと「少し」毒のあるファンタジーが出来ました。「シザーハンズ」を思わせる色のない街に、チャーリーの工場内の色彩がほんっとクラクラする。甘さだけじゃない毒々しいおとぎの世界。工場入り口の「it's a small world」のような人形のシーン、ディズニーランドでさえ皮肉ってる世界観が大好きです。

要するに、弱者が最終的に勝者になるっていう昔話の普遍性を踏まえて、ティムなりの解釈を加えて出来上がったこの映画。世界中で読まれてる児童書をベースにして、昔の映画のリメイクだけど、それを上回る出来だと思う。傾いた家に住むチャーリーとお金持ちだけど心が満たされないウォンカ。最後のシーンなんて、なんかちょっとジーンときてしまいました。

もう、工場内にある施設が素晴らしく魅力的!!全部お菓子で出来た庭、胡桃を選別するリス軍団。テクノロジーを駆使した(でもレトロちっく)開発室。あれ、工場じゃなくてテーマパークだよね・・・・なんといってもあの透明エレベーター!!乗りたい。ドラえもんでも出せないよ(笑)間違ってもあれ欲しい!なんてパパにねだっちゃダメですよ。ダストシュートに落とされるかも・・・・

白塗りジョニー・デップは何をやってもハマりますね。静かな役から、オーバーな役でもなんでもこなせちゃう。浮きすぎな演技が素晴らしい(爆)ティムのミューズヘレナ、私もお気に入りノア・テイラー。2人とも貧乏な役が板につきすぎ(笑)チャーリーの子は、ネバーランドでもジョニーと共演したみたいですね。あんないい子、この世の中にいるのかなぁっていうくらいけなげな役を熱演しています。

最後に私のお気に入り、ウンパ・ルンパ!!感動すら覚えます。全員あの顔で無表情に踊られたらもう・・・・(笑)なんてステキなティム・ランド。ミッキー・マウスの代わりにウンパ・ルンパが歌って踊ってお出迎えします。

NOTE
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー
2005年 アメリカ

Story
失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日、工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏は、全商品のうち5枚だけに入っている“ゴールデン・チケット”を引き当てた者にだけ、特別に工場の見学を許可する、と驚くべき声明を発表した。そして一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーも、奇跡的に幸運のチケットを手にし、晴れて工場へと招かれるのだが…。

チャーリーとチョコレート工場 オフィシャルサイト
次のCORPSE BRIDEも楽しみですね♪

2005.10.4  ★★★★★
[PR]
by usamari | 2005-10-10 14:28 | た/な/は行の映画