movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ほっと一息♪

土曜日のHちゃん送別会はものすごい盛り上がり、無事終了しました。久々にテンションのあがりきったHちゃんを見て、嬉しかったなー。皆、かなりの酔っ払いだったけど、、、まぁあそこであったことは、最後までいたメンバー7名の秘密にしておきましょ(笑)6ヶ月のお子様を連れて駆けつけてくれたYちゃん、かわいい花束を買ってきてくれたTさん、顔だけ出すと言ったのに最後まで居てくれたBちゃん。皆ありがとう!

夜中の2時に歌舞伎町の屋台でケバブを食べ、ホストの群れをかわしつつヘロヘロで帰り、次の日はTOEIC。もーボロボロです。集中力のなさにびっくり。直前まで英語聞いてたとは思えないよ(><)私が点の取りやすいリスニングでもうついていけなくなり、リーディングは思ったとおり時間がなく全部目が通せず。前回の点数を下回るのは必至です。でもいいんです。あの状態で参加しただけ偉い。参加することに意義があるのです(笑)

その後、誕生日だったYaeと合流し2人でまた新宿にてバースディパーティ。最近お疲れ気味なYaeに、良い匂いのすずらんんの鉢植えと、ブレンドティーのセットをプレゼント。同学年の友達の中では一番誕生日の遅いYae・・・・いいなぁ(笑)

やっと勉強の重圧から解放され、今日はダ・ヴィンチコード読破と友人から頂いたDVD「ブロークバック・マウンテン」を見ます!きゃー楽しみ。

てか、私の楽しみってそんなもん・・・・相変わらず引きこもり系です(^^;
[PR]
by usamari | 2006-03-27 15:05 | diary

TOEIC<Hちゃん

明日、私の大好きな同僚Hちゃんが辞めます。

彼女は芯がしっかりしていて、お料理が上手で、仕事の一番出来る子でした。年上なのにすごくかわいらしくて、私の理想のお嫁さんです(笑)

入社してからずーっと一緒だったHちゃん。本当に寂しいけど、Hちゃんが幸せになることを祈っています。去年から仲良しだった人がどんどん辞めていき、色々考えてしまいます・・・今、私が入社したときから一緒にいるのはなんと3人しかいません。どうなることやら・・・・。

明日は送別会、泣きながら飲むぞぉ。
実はあさってはTOEIC。でも、TOEICよりHちゃんのほうが大事だ!!(ダメだったときの言い訳)とりあえず、外国人が多いので、ヒアリングの勉強ということにしておきます。

毎週金曜日は同僚と飲んでるけど、今日は帰るぞ!と思ってすたすた歩いていたら、会社の近くで同僚達に会ってしまい、店がどこも混んでいて新宿を連れまわされ、いい加減疲れて飲まずに帰りました。勉強するぞ!と思った矢先、会社からの宿題を思い出し泣く泣くこれからやるところ。勉強するヒマないじゃん・・・ほんとに・・・(これも言い訳)
[PR]
by usamari | 2006-03-25 01:18 | diary

mixi

最近、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のmixiにハマっています。てか今更・・・。前の会社の同僚、しーどらさんより招待状を頂き、早4ヶ月・・・・やっと日記をUP致しました(笑)このmixiは、実際に知っている人同士が主で自分や相手の近況を日記で見たり、メールをしたりするコミュニケーションサイトです。知っている友達が多いから、安心♪しかも、中学や高校の同級生とばったり!ってこともあったりします。中学で1回くらいしかしゃべったことのない同級生や、6年くらい会っていない元同僚からメールがきて、世間て狭いなぁって思ったり。

ちなみに、このブログとmixiを両方知っている人は少数です。実はmixiのほうは、会社関係の人が多いので、日記も書きづらい・・・・このブログは内緒ですから!(笑)私の本名を知っている方は、mixiで検索してみてください!無謀にも、本名で登録してあります。

さらに、幼馴染M氏に招待されてYahooのSNSにも登録してあります。そっちはまだβ版なので、公開はこれからかな?そっちもなかなか面白いですよ。こういうのにハマるって、リアルでコミュニケーションに飢えてるのかなぁ・・・・私・・・・と思ったりします(笑)
[PR]
by usamari | 2006-03-25 01:08 | diary
b0033799_2334560.jpg


やったー!!やっとAXNでサウパ再開しましたぁー!もう遅すぎ・・・・。どれだけ待ったことか。AXNでは第5シーズンで終わってたこのシリーズ、アメリカではまだまだ続いています。3月頭から放送してたらしいけど、気づかなかった・・・・もぉ。再放送やるからいいけどさ。

サウスパークとは?

oh my god! They killed kenny! you bastard! Dude!
[PR]
by usamari | 2006-03-21 23:38 | diary

夏フェス

やってまいりました、夏フェスアーティスト発表&チケット販売の季節です!
まだこれからぞくぞく増えるけど、今年のラインナップはというと・・・

Summer Sonic 06
LINKIN PARKMETALLICAがトリのようですね。LINKINが見たい!あとはTHE FLAMING LIPSArctic monkeys。アークティック・モンキーズは最近メジャーデビューしたイギリスのバンドです。結構良いんですよー。DAFT PUNKも見てみたいなぁ。
しかし、サマソニ年々チケット代が上がっているような・・・この値段なら、もっともっとメジャーなアーティスト呼ばないと!

FUJI ROCK FESTIVAL 06
FRANZ FERDINANDがまたきますね!野外ではどんな感じなんでしょー。あとはレッチリ、私の中の目玉はKULA SHAKER!!再結成したらしいです!インドっぽいサウンドとロックの融合は、今でもオリジナリティ溢れて新鮮です。アルバムは2枚くらいしか出していないけど、これからの活躍に期待大!美しいナマCrispianが見たい。声を聞きたい!はぁー。

まぁ、どちらにしてもタイムテーブル次第かなぁ。値段も値段だし、まだチケ購入まではいかないかなー。私にはColdplayとU2が控えてるしね!(U2頼むよぉー!)
[PR]
by usamari | 2006-03-21 16:12 | diary

WBC

すごい!!日本優勝しましたねぇ!やったぁー!ワールドカップの前に、良いはずみがついた感じですね。

前半怖くて見られず(笑)、9回表から見始めたのでドキドキ感はあまりありませんでしたが、やっぱり優勝した瞬間はほんと感動しました。少年のような、イチローのインタビューがすごく可愛かったです。試合終了後、キューバの選手と記念撮影をしていて、しかも自前のカメラで「ちゃんと撮れたか?!次は俺だ!」というキューバ選手のはしゃぎようが、イチローってほんとスーパースターなんだなぁと実感しました。国に帰って自慢するんだろうなぁ(笑)

イチロー大好きな私。この試合を通して、イチローって近寄りがたいし、寡黙でクールな人なんだろうなぁと勝手に思っていたイメージが、見事に覆されました。ものすごく感情の起伏が激しい人なんだなぁ、と。怒るときは徹底的に怒り、嬉しいときはものすごく喜ぶ!という。親近感が沸いて、また好きになってしまいました(笑)

とにかく、嬉しいです!!
[PR]
by usamari | 2006-03-21 15:53 | diary

音楽バトン!

*Sweet Days*のnonさんから、「音楽バトン」を頂きましたー!ありがとうございますっ。

nonさんからのイメージでは、私はU2の「Gloria」とのことです。いやぁ光栄です!ぐろぉーりあー♪名曲ですねぇ。あのイントロがたまりません。

ではでは、頑張って答えたいと思います。

---------------------------------------------
1.このバトンをくれた人を曲に例えると?

【日だまりの詩】 by ル・クプル

古い歌ですが・・・・nonさんはなんだかあったかくて可愛いイメージです。「日だまり」って言葉が最初に浮かんで、この曲がぴったりだなぁーと思いました。

2.自分を曲に例えるなら?

【Just A Girl】 by No Doubt
I'm just a girl. My apologies
What I've become is so burdensome
I've had it up to here!
am I making myself clear?
女の子であることが面倒臭くて、時々反発を覚えたり。

【Simple kind of life】 by No Doubt
And all I wanted was the simple things,
A simple kind of life,
And all I needed was a simple man,
So I could be the wife...
本当は普通の幸せを求めていたんだけど、みたいな。

自分を例えるのって難しいけど、No Doubtの歌詞は共感できる部分が多くて、全般的に私っぽいかな。

3.車の渋滞にハマってしまった時に聴きたい曲は?

【Green Day等パンク全般】
ついつい口ずさんでしまう、軽快なメロディのGreenDay!それに、NOFX、Sum41などパンク系の重くないやつがいい!

4.恋が成就しなかった夜に聴きたい曲は?

【Fighter】 by Christina Aguilera
I just wanna say thank you
Cause it
Makes me that much stronger
Makes me work a little bit harder
It makes me that much wiser
So thanks for making me a fighter
強く生きていくぞ!って感じで良いですね。色んな経験をして、強くしてくれてありがとう!さ、次次!くらいの勢いがつきます。

【Beautiful】 by Christina Aguilera
I am beautiful
No matter what they say
Words can't bring me down
自信をなくして、自分で自分を励ましたいときはコレ。誰が何を言っても関係ない、私はBeautiful!ってところが好きです。

【cool】 by Gwen Stefani
And after all the obstacles
It's good to see you now with someone else
And it's such a miracle that you and me are still good friends
After all that we've been through
I know we're cool
失恋して、だいぶ時間が経った後に共感できる曲かなぁ。色々あったけど私達はcoolよね、ってそう言える関係になりたいなぁと思えます。

5.仕事や学校の帰りに電車の中で癒してくれる曲は?

【Let Me】 by Sergio Mendes
最近の私の流行、Sergio Mendesのボサノヴァ風癒し曲。特にこれはなんだか落ち着く。

【Whatever】 by Oasis
I'm free to say whatever I
Whatever I like
If it's wrong or right it's alright
これはいつでもどこでも、私の癒し曲です。ビートルズ風のメロディも大好き。

【Eleanor Put Your Boots On】 by Franz Ferdinand
曲調と歌詞がかわいくて癒される。イントロが良い!疲れてるときは、Come on over here なんて言って欲しいですねぇ。やっぱEleanorさんしかダメですかね?(笑)

6.ビルの合間を駆け抜ける時に聴きたい曲は?

【Learn to fly】 by foo fighters
爽やかで、今にも飛び立ちそうな疾走感のあるこの曲。サビの部分で思い切り走りたい!

【B.O.B Bombs Over Baghdad】 by outkast
この曲は思いっ切りビルの間を駆け抜けられそうです。イントロから1,2,1,2,3と合図をしてくれます(笑)イントロから始まるところがすっごくかっこよくて、Outkastの中ではダントツに好きです。

【Vertigo】 by U2
これも、UNO, dos, tres, CATORCE!(なぜか3の次が14・・・この彼らのアルバムが14枚目だから、らしいですが)と掛け声をかけてくれます。サビのHola!というスペイン語も走る意欲がわきそうです。Vertigo=めまい、ということでクラクラしそうな都会のビルの谷間を走るのにはぴったりな感じ!

7.真夏のビーチに着いてすぐ聴きたい曲は?

【Let's Get It Started】 by Black eyed peas
夏は全般的にBlack eyed peasが聞きたくなります。そしてこの曲はこれから楽しいことが始まるぞー!って感じでテンションがあがります。

【Fat Lip】 by Sum41
ティーンネイジャー向けのおバカ映画に良く使われるこの曲。なんかノーテンキで海を見ながら聞いたら楽しいかな。sumの「All killer no filler」というアルバム全般、夏にぴったり!

8.片想いに苦しむ夜に聴きたい曲は?

【In my place】 by coldplay
how long must you wait for it?
この曲は、メロディも歌詞もストレートに切ない。
coldplayはこういう曲が多いから女の子はハマっちゃいます。Clocksの「nothing else compares」という部分も好き。他に比べるものがない=あなたが一番、ってことですね。

【Mr.Brightside】 by the killers
Jealousy
turning saints into the sea
turing trought sick lullabies
choking on your alabis
but it's just the price i pay
destiny is calling
me open up my eager eyes
cause Im Mr. Brightside
片想いにつきものの、jealousy。この曲は苦しい気持が伝わってきます。

【Auf Achse】 by franz ferdinand
You see her, you can't touch her
You hear her, you can't hold her
You want her, you can't have her
She's not so special so look what you've done
これももどかしくて悲しい感じです。悩んでるときには共感しちゃいますね。

【Origin of love】 by Stephen Trask
映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の大好きな曲。プラトンの「饗宴」を元につくられた、壮大な「愛の起源」・・・人間は、昔神によって切り裂かれてしまった自分の半身を探している、というてしまうなんともロマンチックで切ない曲です。

9.大切な友達と喧嘩した後に聴きたい曲は?
【my generation】 by limpbizkit
まずは、一番発散できるlimp全般を声が嗄れるまで歌いまくる。

【My best friend】 by weezer
You're my best friend
and I love you, and I love you
Yes I do
そして、その後この曲を聴いて反省して友達の大切さを思い知る・・・ベタだなぁ(笑)

10. 次回に回す5人を曲に例えると?
5人もいませんが・・・・

『メカpanda乗りのメディア鑑賞記』のla-pandaさま
【Where The Streets Have No Name】 by U2
やはりU2の壮大で爽やかなこの曲を!la-pandaさんの愛車でドライブしているときにぴったり!なイメージで。無事ツアー再開してが来るといいですねー!という気持も込めて。

『よろず日記』のukmaniaさま
【Darts Of Pleasure】 by Franz Ferdinand
ベタですいません・・・・ukmaniaさんはやっぱりFranzのコレかなぁ、と。これライブでサイコウでしたね!沢山ライブに行かれていて、UK Rockが好きということなので、こういうノリノリな曲のイメージです★

『◆+◆』のnice68さま
【Fell in love with a girl】 by white stripes
都会的で、おしゃれなイメージのniceさん。white stripesがお好き、ということなのでライブではじけられそうな、この曲かな、と思いました。

-----------------------------------------------------

以上!
はぁー疲れました!!
ひとつひとつの質問に一生懸命考えたんですが、あの曲も、あの曲もいいー!となってしまって収拾がつかなくなってしまって・・・これでも十分長いですね・・・・。バトンを渡す皆様、勝手なイメージで申し訳ないです。結局、どれも私の好きな曲ばっかりで選んでました(^^;
[PR]
by usamari | 2006-03-21 02:20 | music♪

新入社員

最近入ってきたうちのニューフェイス。

b0033799_2258082.jpg


なかなかの人気者で、ロビーのソファーだったり、受付だったり、色んなところで働いています。頑張れ新入社員!
[PR]
by usamari | 2006-03-18 22:59 | diary

見る暇なし!

昨日はSt.Patrick's Dayということで、アイリッシュは誰もいないのに、皆でアイリッシュパブへギネスを飲みに行きました。ただ飲みたいだけのこじつけですね。緑のビールじゃなかったなー。全然席がなくて、ずっと立ち飲みしてました。ギネス美味しいけど、すぐ酔いが回るんだよねー。

最近、やっと文庫本が出たので待ちに待った「ダ・ヴィンチ・コード」を読み始めました。まだ最初だから、謎はこれから盛り上がるんだろうけどすでに面白い。てか私の頭の中では、すでに主人公はトム・ハンクスで話が進んでる(笑)早く映画も見たいなぁ。

amazon ダ・ヴィンチ・コード

同じ作者ダン・ブラウンの「天使と悪魔」という本のほうが面白い!と同僚に言われたので、読み終わったらこっちも読んでみようかな!!

amazon 天使と悪魔

ていうか、「女系家族」「うぶめの夏」も途中なのに・・・・色々手を出しすぎてどこから読んで良いのやら。

最近、前の会社でお世話になったSさんがアカデミー賞DVDを送ってくれたんだけど、一緒にオズフェストやらColdplayやらグラミー賞やらのDVDがいっぱい!ほんとにありがとう♪それに、友人からジョージ・クルーニー監督の「グッドナイト&グッドラック」、フィリップ・シーモア・ホフマンがアカデミー主演男優賞を受賞した「カポーティ」、オーエン・ウィルソンとヴィス・ヴォーンのおバカコメディ「ウェディング・クラッシャー」等のDVDももらったけど、まだ未見。「グッドナイト&グッドラック」はすっごい見たいんだけど、私の英語力じゃまず理解できないと言われ、色々時代背景等を調べてから見てみようかなと思ってます。「カポーティ」は途中まで見たんだけど、あまりにもフィリップ・シーモア・ホフマンの英語が聞き取りづらく挫折。カポーティに似せてる演技がうますぎる、ってことなんだけどね。日本語字幕でちゃんと見てみます。全部見たらちゃと感想載せますね!

しかも「花とアリス」「ショーン・オブ・ザ・デッド」もレンタルしてるし、本もDVDもいつ見るんだー!今週末はTOEICテストだというのに、勉強も満足にしてないし・・・・。
[PR]
by usamari | 2006-03-18 20:17 | diary

ジャーヘッド【JARHEAD】

b0033799_18532450.jpg


DVDにて鑑賞。戦争モノだから専門用語があったりして、英語が難しいかなーと思ったけど、スラングや汚い言葉が多いだけでよかった。いや、ある意味難しかったけど(笑)あれ、どう訳してるのかなぁ・・・。「フルメタル・ジャケット」のトレーニングシーンの言葉を思い出した。

ジェイク・ギレンホールloveな私。ゴールデングローブ受賞、アカデミー賞受賞の注目作「ブロークバック・マウンテン」も公開、今が旬!!「ドニー・ダーコ」から、なんか影があり、気になる俳優でした。どちらかというとオタクというか暗い系ジェイクが、ものすごい体を鍛え上げて海兵隊員になりきった作品。思ったよりもかなり良い映画でした。第一次湾岸戦争時に海兵隊員だった青年が書いた本が原作のこの作品は、「戦争映画」というより、一人の青年の「青春映画」のようでした。

よくある銃撃戦や戦争モノのアクションはほとんどなく、戦地入りしてもただただ待っているだけ。やっとお声がかかったと思ったら、空爆後を歩くだけでスナイパーとしての任務も果たせず。悶々としながらベースへ帰ったら終戦パーティ・・・・。そこで戦地へ来て初めて、銃を撃ちまくる。そんな「今」の戦争体験を、リアルに描き出していて興味深い。前半は「フルメタル・ジャケット」のようなしごきと罵声を浴びせられるトレーニング風景。今も昔もああなのかなぁ。戦地へ来ても、待ち状態ばかりで緊張感と、何も起きない退屈さとの繰り返しで、通常の精神が徐々におかしくなっていく。空爆跡地で兵士ではない、一般の人が焼かれた後の姿を見て「戦争」というものの「現実」が見える。地獄のような燃えた油田での、油まみれの馬に語りかけるシーンが印象的。

おじいちゃんの代から軍隊の家系で、何の大儀も持たず、迷うことなく海兵隊へ入ってしまった主人公。最後まで人は殺さないものの、非日常的な軍隊生活で任務が終わった後もなかなか日常生活へは戻れない。ベトナム戦争帰還兵と同じ精神的な病を、今のイラク戦争へ行った若者も持っている。メディアの伝えない新しい戦争の真実を一人の青年の目を通して描き、最後まで飽きさせずラストのセリフもグっとくる。とっくに日常に戻っているのに、自分はまだ砂漠の中にいる。主人公の目前でガラス越しに映る爆撃に、「湾岸戦争」の無駄さ、むなしさを感じた。

この映画は個性的で演技派な俳優ばかりですごい!ジェイク・ギレンホールはもちろん、要注目のピーター・サースガード、オスカー俳優ジェイミー・フォックスに最近どこにでも出てくるクリス・クーパー。カポーティにも出てたなぁ。それに、「24」のパーマー大統領(デニス・ヘイスバート)もちらっと出てきます!びっくりした。やっぱりピーター・サースガードの屈折した繊細な演技と、ジェイクの若者らしいアホっぽさが良かった!

「アメリカン・ビューティー」「ロード・オブ・パーテーション」のサム・メンデス監督らしく、しっかり作ってあり、ともすればくだらない内容のない映画になるところを、テーマを忘れずきちんとラストで締めたところはさすが。これでもかと爆撃や悲惨なところを見せるだけが、戦争映画じゃないよね。感情だけに流されず、プロらしい仕上がりでした。

ガスマスクをつけて、ダース・ベイダーの真似をするところでは大声で笑ってしまった。今は、戦争に行ってもそんなもんなんだろうな・・・・。あと、「地獄の黙示録」のあの空爆シーンでやたらと盛り上がってるのも、面白かった。盛り上がりすぎで、あの状況で見たら楽しいんだろうなぁと思った(笑)そういえば、音楽もイマドキらしくT-REX、パブリック・エネミー、ニルヴァーナ等で新鮮でした。

もう上映は終わってしまったのかな?早いなぁ。面白い映画なのに・・・。日本人にはウケないんだろうか。そういえば、ハロウィンパーティで元海兵隊員のアメリカ人があの迷彩服着てたわ・・・彼もああいうトレーニングしたんだろうか。だからBB弾撃ちまくってたんだろうか。超迷惑だったけど。

オマケで、アカデミー賞前日パーティで酔っ払ったジェイクの画像を。もー大うけ。ジェイクかわいすぎ!いとおしさが増してしまった。

↓↓
b0033799_19451544.jpg

↑↑
真面目に写ってるアン・リー監督とユマ・サーマンの後ろで・・・・いるよねこういう酔っ払い。もうサイコウです。もっと見たい方はコチラへ。

Story
青年アンソニー・スオフォードは、18歳で海兵隊へ入隊を果たす。しかし新兵訓練の現実は、まるでただの虐待。スオフォードは自らの選択を後悔し始める。89年、カリフォルニア州のペンドルトン基地へ配属となったスオフォードをまたしても手荒い洗礼が待ち受ける。その後サイクス曹長の目に留まり、厳しい訓練の末にわずか8名の斥候狙撃隊に選ばれるスオフォード。その頃クウェートにイラクが侵攻、やがてスオフォードたちにも待ちに待ったサウジアラビアへの派遣の日がやってくるのだが…。

Note
監督:サム・メンデス
出演: ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ルーカス・ブラック、クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス
2005年 アメリカ

ジャーヘッド オフィシャルサイト

★★★☆  2006.3.18
[PR]
by usamari | 2006-03-18 19:54 | あ/か/さ行の映画