movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近、色々チェック&ゲットしましたよー!
見事に有名どころばっかりですが・・・


●Audioslave/Revelations
大好きオーディオスレイヴ♪前作「out of exile」が大好きなので、今回どうかなぁと思ったけど、もう1曲目からやらかしてくれました!最高。うーん、さすが。来年のサマソニ来日希望。

●camera obscure/Let's get out of this country
ベルセバ好きなら是非!。私は初めてのアルバムだけど、ポップでキャッチーで、60年代風のサウンドが心地良い。美味しい紅茶と一緒に聞きたい1枚。

●Fergie/The Dutchess
BEPのファーギー姉さんソロアルバム!モロBEPもあれば、歌を堪能できるバラードもあり、ラップあり、バラエティ豊かな楽しいアルバム。ロンドン・ブリッジのプロモ素敵です。

●The Fray/How to save a life
ご存知「over my head」がヒット中のニューバンド。全体的に聞きやすい!聞き飽きる可能性大(笑)同じ路線なら、やっぱsnow patrolのほうが好きかなー。メロディは優しくてきれいです。

●The Rifles/No love lost
これはRockin'のオマケのCDに入っていて、気に入ってアルバムをゲットした新人。実は今年のフジロックに参戦していました。メロディも聞きやすく、ちょっとscientistsっぽい。これからなかなか楽しみなバンド。

●rinocecerose/schizophonia
フジロックのライブでやられました。
実はこの系統ニガテだったんだけど、ほんっと良かった!テクノロックが今私のブームです。

もうすぐ発売、the killersのニューアルバムがとっても楽しみ!!!そして今悩んでるのがoasisのベスト・・・ほとんど持ってる曲だし・・・

気になるのはmumm-ra,the KBC, milburnという新人バンドたち。見事にUKですな(笑)
やっぱUKアツイ。

昨日友人に聞かせてもらった、「TV ROCK」というテクノ系ミュージシャン。誰なんだ?!すっごいcoolでした。CD貸してもらおう!
[PR]
by usamari | 2006-09-25 23:18 | music♪
b0033799_21522510.jpg


またまたアメコミ・・・・。
X-MENも全作映画館で観ました。その最終章!!見逃すわけにはいきません。

監督がブライアン・シンガーからブレッド・ラトナーへ変わり、どうかなぁと思いましたが・・・フツーに面白い!!スーパーマンより全然面白い。やっぱり私はこの世界観が好きです。ほんと「ミュータント博覧会'06」ですね。ワケわかんないのが出るわ出るわ、暴れる暴れる。ジーンがもう気持悪いくらい強いのなんのって(笑)こういう「ザ・ハリウッド」な映画って、夏のレイトショーにピッタリですねぇ。

やはり、前作を観てないと楽しめないかもしれない。人物関係とか、それぞれのキャラの特殊能力とか知ってた方が面白いので、見に行く前には前作見るのをお勧めします!

ハル・ベリーの美しいスタイル、ヒュー・ジャックマンのコスプレ(笑)、イアン・ガンダルフ・マッケランの憎めない悪キャラを堪能。テンポも良く、ストーリーも単純なので飽きさせません。1.2でブライアン・シンガーの作った世界観を壊さずに、ヘンに自分色を出そうとしない監督ブレッド・ラトナー。ある意味職人。やるなぁ。 しかも、結構若くてリンジー・ローハンと噂になってたよねぇ(関係ない)

どうでもいいけど、サイクロップスの人って、スーパーマンにも出てたね!だからリーダーなのに出番も少なくすぐ●●●だったのか・・・(笑)

今回のポイントはミスティークの素顔(裸体)、プロフェッサーX、マグニートーの最期。エンドロールが終わるまで、席を立っちゃいけません!

結論:新X-MENのセン濃厚。(もしくはスピンオフ)

映画終了後、どのヒーローが最強か、最弱か、X-MENの金属の奴とT-1000どっちが強いか、自分だったらどの能力が欲しいか、ジェダイマスターは奴らより強いか、中学生のような会話をしてしまった。マジで、X-MENキャラとスパイダーマンとバッドマンetc.戦って欲しい!・・・・って、いくつだ私。

★★★★
[PR]
by usamari | 2006-09-25 22:01 | あ/か/さ行の映画

秋葉原ツアー

今日は、秋葉原通の友人(アメリカ人)と秋葉原で遊んだ!メイドカフェに行ってみたい!という私を案内してくれました。

秋葉原なんて、10年ぶり!!!10年前にPCを作ったときに、足繁く通ったものです。あの頃はホンモノのオタクばっかりで、かなりディープな街でした(笑)

ドキドキしながら行ったんだけど、すごーくキレイになってて、普通の人が多くて(笑)逆にびっくり。すっかり観光名所になってた。

アメリカから遊びに来ている人と3人でメイドカフェ「ぴなふぉあ」へ。電車男のドラマで使われた、超有名なメイドカフェらしい・・・・だから、ものめずらしさで来ている人が多くて、メイドオタクっぽい人は少なかった・・・いや、何人か見たけど!カウンターにいる常連さん達が・・・。

結構フツーの喫茶店で、店員さんがフリフリのメイドの格好してるだけなんだけど、やっぱかもし出す雰囲気はオタクっぽい。ポイントが貯まらないと、メイドさんと写真撮らせてくれないんだって。残念(笑)すごく混んでて並んでたときに外人2人が「あ、ここじゃない?」とか来たので、「超混んでるよー」「まじで?」なんてちょっと話していたら、友人の友人でびっくりした。結局5人でお茶。

その後、秋葉原にいいクラブがあるというので、その時間までヨドバシカメラ行ったり、ゲーセン行ったり、プラプラ。ゲーセンはヨドバシの反対側で、私の知っている秋葉原の顔がありました。ごちゃごちゃ並んだジャンク屋に懐かしさを感じる私って・・・・(笑)ゲーセンのクレーンゲームにあぁ、秋葉原だなぁ・・・と感じる商品がいくつか。

b0033799_217788.jpg


特に、下の写真「NEW SOFT MATERIAL」という言葉に皆が超反応してて面白かった(笑)確かに、どんな弾力だ!!って勝手に想像してました。

b0033799_2173071.jpg


秋葉原のクラブってどうなんだろーと思って行ってみたら、結構いいところ。また友人の友人3人と合流し、5つのバンドを堪能。レゲエやロック。1つとってもいいバンドがあって、終わった後ボーカルの人と話してフリーCDもらいました! こういう小さなところでやっている人たちも、いい音楽やる人って結構いますね。

b0033799_2175296.jpg


秋葉原って何でもあるし、ご飯どころも昔より増えて、1日いても飽きません。ただ、昔のようなディープな雰囲気が薄れて、普通の街になってしまったのが残念。本物のオタクたちは、行き場をなくしてしまったんだなぁ・・・と思うと不憫。

外人8人に囲まれ、まるで私が外人のよう・・・旅行者の彼らは楽しんでたようです。秋葉原は久しぶりで、私も旅行者気分。なかなか面白い体験をした1日でした(笑)
[PR]
by usamari | 2006-09-19 02:19 | diary

夏の終わり

9月に入り、夏が終わった!感の強い今日この頃。

久しぶりのブログです。
しばらく見ない間に、また海外エロ系なTBやらコメントが・・・・削除するのが大変でした(><)どうにかならんかなぁ。

サマソニ終わり頃からの、怒涛の8月イベント。
何をしていたかというと・・・・

オーストラリアから旅行できた友人と夜通し渋谷のクラブ行ったり。
アイリッシュパブでヴァージンエアラインに就職決まった友人の壮行会したり。
地元で、高校の同窓会したり。
六本木の焼肉屋行ったり、麻布のバー行ったり。
毎週金曜恒例のビアショップでの飲み会したり。

いやー疲れました・・・・・気が付いたら6日連続で飲んでたりして・・・・

今月からは、ちょっとスローペースで遊びます・・・・

最近は、聞いててゆったりした気分になれる音楽ばかり聴いてます。
AIRとか、ベルセバとか、M83とか。ふわーんってした気分になれます。
なんか秋っぽい曲ないかなぁー。
[PR]
by usamari | 2006-09-04 21:11 | diary
b0033799_18392413.jpg


ブライアン・シンガーが、X-MENの新作を蹴ってまで作ったスーパーマン。きっと、このタイツ姿に惹かれちゃったんでしょうね。。。。鳥だ!飛行機だ!スーパーマンだ!なんてふるーいフレーズを思い出しますが(ちょっと違いますが、劇中このセリフはありましたよ)、ともかく還ってきたスーパーマン。

私は昔の作品に思い入れが全くなく、話も忘れてるくらいなので、ん???っていうところがありました。この作品、シリーズ最新作になるのね!この映画だけで独立してるのかと思っていたら、なんと話が繋がっているんです。

有名なテーマ曲で始まり、最初飛行機を救うところまではドキドキ感がありましたが・・・・イマイチ、「スーパーマン」としてのアイデンティティというか、特徴が良くわからず、何がしたいの???っていう感じでした。なんか暗いんだもの。彼女が他の男と暮らし、子供もいてうだうだ悩んでたけど、そりゃ、5年もほっといたあんたが悪いでしょ!と突っ込んでいました。彼女はちゃんと生活してるんだから、あんたは潔くあきらめなさい!と。途中、ストーカー!?と思われることもしていたし、彼女とのロマンス部分はなんかダメだったなぁ・・・・・。

スーパーマンって、異星人なんだよね。
スパイダーマンや、バットマンと違って。生身なのか、異星人なのかはっきりしないところがなんかダメなのかも・・・・・ヘンに悩めるスーパーマンになってて。

ケビン・スペイシー扮するレックスのコミカルな雰囲気、Dr.イーブルを思い出して、一人でクスクス笑っていました(笑)ハゲハゲ言われてたしね。スーパーマンを演じるブランドン・ラウスくんは、ルックスがそのままスーパーマン!!この子、CGで出来てるの?っていうくらい完璧なルックスでした。いやー、これからスーパーマンしか出来なくなるよ(笑)ブライアン・シンガー見る目あるよなぁ・・・・男に関しては(爆)

ケイト・ボスワースはあんまり好きなキャラクターじゃなかったので、イマイチ。キレイだけど、それだけかなぁ・・・・・なんか深みがないんだよね。瞳の色が、左右違うのがとてもステキです。

ちゃんとした「スーパーマン」のはずなのに、パロディ感が漂う映画。なぜだろう。あのスーツもコスプレにしか見えず、違和感を感じる・・・・・ブライアン・シンガー的なダークさとゲイっぽさで、別の作品になってしまった感じです。

やっぱり、今の時代ものすごいCG映像やアクションに慣れてしまって、ちょっとやそっとじゃ感動しにくいんですね。ちゃんとストーリーや構成に力を注がないと、平凡な映画になってしまう。と改めて思いました。

そういえば、あのマーロン・ブランドン御大が出演!!!昔の映像らしいけど、びっくりした・・・・

NOTE
監督:ブライアン・シンガー
出演:ブランドン・ラウス ケヴィン・スペイシー ケイト・ボスワース ジェームズ・マースデン
2006年 アメリカ

2006.09.02  ★★☆
[PR]
by usamari | 2006-09-04 19:06 | あ/か/さ行の映画