movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

nomination of Academy Award

速報!
79回アカデミー賞ノミネート主要5部門。

------------------
◆作品賞
バベル
ディパーテッド
硫黄島からの手紙
リトル・ミス・サンシャイン
クィーン

◆監督賞
クリント・イーストウッド(硫黄島からの手紙)
スティーヴン・フリアーズ(クィーン)
ポール・グリーングラス(ユナイテッド93)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(バベル)
マーティン・スコセシ(ディパーテッド)

◆主演男優賞
レオナルド・ディカプリオ(ブラッド・ダイヤモンド)
ライアン・ゴズリング(Half Nelson)
ピーター・オトゥール(Venus)
ウィル・スミス(幸せのちから)
フォレスト・ウィテカー(The Last King of Scotland)

◆主演女優賞
ペネロペ・クルス(ボルベール<帰郷>)
ジュディ・デンチ(Notes on a Scandal)
ヘレン・ミレン(クィーン)
メリル・ストリープ(プラダを着た悪魔)
ケイト・ウィンスレット(Little Children)

◆助演男優賞
アラン・アーキン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジャッキー・アール・ヘイリー(Little Children)
ジャイモン・ハンスゥ(ブラッド・ダイヤモンド)
エディ・マーフィ(ドリームガールズ)
マーク・ウォルバーグ(ディパーテッド)

◆助演女優賞
アドリアナ・バラッザ(バベル)
ケイト・ブランシェット(Notes on a Scandal)
アビゲイル・ブレスリン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジェニファー・ハドソン(ドリームガールズ)
菊地凛子(バベル)

---------
菊池凛子ちゃん、すげー。硫黄島からの手紙、やったね。驚いたのは、リトル・ミス・サンシャイン。確かに良い映画でノミネートされて嬉しいけど、こんなに大量ノミネートされるとは。アビゲイルちゃんは、助演女優賞だし!びっくりだわ。

超お勧め映画ディパーテッドからは、ジャック・ニコルソンじゃなくてマーク・ウォルバーグ。納得!!マークの演技もハンパじゃなかったっす。だんだんいい味出す俳優になりました。マット・デイモンよりだいぶ好きです。そして、そろそろマーティン・スコセッシに賞をあげたいところ・・・・無冠の巨匠っつーのもカッコイイけど。

なんとレオは、「ブラッド・ダイヤモンド」でのノミネート。ジェニファー・コネリーと共演のこの映画も評判いいっすねー。

作品としては、ビヨンセ「ドリームガールズ」とイギリス「クィーン」がやっぱ観たい。ペネロペちゃんがノミネートされている、ペドロ・アルモバルの「ボルベール」も早く観たい。実力派フォレスト・ウィッテカーの映画も気になる。

うううーん。
また楽しみな季節がやってきました。今年は大作、小作品とバランスが良いのでは。イマイチ興業的にはパッとしないものが揃っている感じだけど・・・作品賞で「ボーラット」くらいのユーモアが欲しいね。あ、それはMTVムービーアワードでやるからいっか。
[PR]
by usamari | 2007-01-24 00:48 | 映画あれこれ
b0033799_039667.jpg


departed=死者、故人
これは、足を踏み外した死者たちの物語。そして、マーティン・スコセッシの復活の映画。

どうせ、インファナル・アフェアのリメイクでしょ?とあまり期待をせずに見たこの映画。いやーびっくり。いい意味で裏切られました!インファナル・アフェアがエモーショナルでウェットなドラマだとしたら、これはアメリカンスタイルのギャングスタムービー。別物になってます。自分は、香港スタイルでできない、ということをわかっているマーティン・スコセッシは、バックグラウンドを「アイルランド系アメリカ人のギャング映画」ということにし、自分の得意なスタイルでこの映画を作り上げた。天晴れ。

スコセッシといえばデ・ニーロ。今はディカプリオ。ギャング・オブ・ニューヨークとアビエイターでちょっとがっかりした私だけど、この映画では素晴らしいコラボレーションを見せてくれました。ディカプリオの演技が、この映画で飛躍した感じ。彼の映画を全て見ていますが、やっぱいい役者です。この映画の役者は、皆が皆最高の演技を見せています。マット・デイモン、ボールドウィン、マーティン・シーン、そしてそして、ジャック・ニコルソン。いやー老いてなお現役のこのオヤジ。ギラギラしまくってます。アドリブの部分が多かったということだけど、さすがの貫禄。いやらしいオヤジっぷり、ギャングのオーラがビンビン伝わってきます。

そして、最近いい演技をするようになったマーク・ウォールバーグ。口を開けば汚い言葉ばかりのびっくりな役柄だけど、脇役の中でも一番の儲け役?かも。光ってました。

オープニングからタイトル・クレジットまでの部分も、まるで「グッドフェローズ」のようでしびれました。おぉ?これはすごいかも?と鳥肌の立った部分が沢山あって、久々に見ごたえのある映画を見たなぁーという感じ。 ちなみに、スコセッシで好きなのは「グッドフェローズ」と「タクシードライバー」。この2作だけでも、この監督は天才だなぁと思ってしまう。

やっぱ私はギャング映画好きだなぁ。ゴッドファーザーシリーズにマーティン・スコセッシの映画、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ。どうしようもないならず者たちばかりだけど、いつの間にか引き込まれる自分がいます。 なぜか美学を感じてしまう。

主となる部分は同じだけど、クライマックスも違うし、インファナル・アフェアとは別映画になっているので是非映画館で男達の苦悩とスコセッシの職人技を見てください。音楽も最高。
こりゃ評判いいはずだわ。

Viva Gangstar!

Note
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーティン・シーン マーク・ウォルバーグ
2006年 アメリカ

「ディパーテッド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

2007.1.22 ★★★★☆
[PR]
by usamari | 2007-01-24 00:45 | た/な/は行の映画
b0033799_22352480.jpg「ナイロビの蜂」と立て続けに見た、アフリカを舞台にした映画。1994年のアフリカ。ルワンダで民族対立が原因の大量虐殺事件が発生、欧米諸国や国連の無策が被害を拡大させる中、1200人もの人々をホテルに匿い、話術と知略を武器にその命を守り抜いた一人のホテルマンの奇跡の逸話を映画化。

俗に言う「ルワンダの大虐殺」を映画化。名前は知っていたものの、詳しい内容を知らず恥ずかしい限り。こんなことが行われていて、こんな人がいたのかと改めて知ってよかった。1994年なんて、ついこの間の出来事。たった12年前に、民族同士「ナタ」で殺しあう悲劇が起きていたなんて。今でも、世界のどこかで殺し合いが続き、隣同士が殺しあう。アイルランドの内戦を描いた「麦の穂をゆらす風」を思い出した。

主人公のホテル支配人は、最初家族だけを助けようと思う。でも、大量の死体、難民を見ているうちに家族を逃がして、自分はその難民達のために残ろうと決意する。聖人でもなく、普通の人間だったというのがうまく描かれていて、彼の苦悩に共感する。

やりきれないのは、ルワンダを見捨てる国連、各国の軍隊。これがイランやイラク、サウジアラビア、石油の取れる国であれば各国はこぞって軍を送って介入するくせに、何の価値も見出せないと後は勝手に殺し合いでもやってくれ、と軍を撤退させてしまう。何のために国連はあるのか?印象に残るのは、ジャーナリストのフォアキン・フェニックスが虐殺の映像を撮り、ニュースに載せるという。それを聞いた主人公が

「よかった、これで各国が助けに来てくれる」
「来なかったら?」
「あの映像を流したら来るさ」
「あのニュースを見ても、「酷いわね」と言ってディナーを続ける。そんなもんさ」

というやりとり。これは、私を含む日本人、先進国、世界中に言えること。その通りで、だからこそ恐ろしい。

「知る」ということは大事なこと。最初、この映画は日本で公開される予定はなかったけど、各映画祭での高い評判、ドン・チードルの演技の素晴らしさを観たいと一部の映画ファンが署名してやっと実現。こういう映画はどんどん公開して、皆が「知る」べきなのに、その機会さえ失われるところでした。

「ナイロビの蜂」と「ホテル・ルワンダ」を続けて観て、アフリカの様々な問題と歴史を知って思ったことがひとつ。世界は、アフリカがこのまま貧困と混沌の国であることを望んでいるんじゃないか・・・・そのほうが、他の先進国が儲かる。世界はそういう風に出来ているんじゃないか。そんな恐ろしいことを考えてしまった。

とにかく、この2本は見てほしい。と思わせる映画でした。

Note
監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル ソフィー・オコネドー ホアキン・フェニックス ニック・ノルティ
2004年 イギリス/イタリア/南アフリカ

2007.1.15 ★★★★★
[PR]
by usamari | 2007-01-15 22:35 | た/な/は行の映画
b0033799_21395997.jpg

庭いじりが趣味の、おとなしい英国外交官である主人公と、慈善活動に活発な妻。アフリカのナイロビで妻が何かの活動をし、何者かに殺されてしまう。捜査打ち切りになる中、夫は一人妻が何をしていたのか真相を探り、妻への想いを深めていく。

アフリカでは、新薬を作るため大手の製薬会社が人体実験を行っている。妻はその証拠を突き止め、殺されてしまう。製薬企業と官僚、世界の多国籍企業。アフリカという貧困、混乱した大陸で行われている人体実験。この映画自体はフィクションだけど、そのこと自体はノンフィクションだと思う。周りの裕福な先進国は、それを知っていて決して止めず、それどころか商売道具にしている。アフリカを食い物にして、栄えている日本を含む先進国。

監督のフェルナンデス・メイレレスは前作「シティ・オブ・ゴッド」でブラジルのスラム街の様子を、スピーディなカメラと乾いた演出で見事に切り取っていた。この作品も、アフリカの土ぼこりのする黄色い大地、夫婦の親密な様子を描くドキュメンタリータッチの映像、サスペンスシーン、青く冷たいイギリスのシーンと素晴らしい仕事を見せています。ロケならではの圧倒的な風景の美しさは必見。

この映画はサスペンスであり、ラブストーリーであり、アフリカの問題提議映画でもある。妻に近づくために、主人公が最後にした行為は究極。こんなラストだと思わなかったけど、結局何かに気づいて正しいことをしようとした人物は、そうなるしかない運命なんだろう。

気が強く、美しい妻を演じたレイチェル・ワイズはアカデミー助演も納得の演技。わがままで危なっかしいけど、とても魅力的な女性。レイフ・ファインズの静かな苦悩の演技も良かった。大げさな演出がなく、地味な映画に見られがちだけど観ておくべき映画のひとつです。

子供達のキラキラした瞳と笑顔が忘れられない。

Note
監督:フェルナンド・メイレレス
出演: レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ
2005年 イギリス

2007.1.15 ★★★★☆
[PR]
by usamari | 2007-01-15 21:44 | た/な/は行の映画
オメデトウゴザイマス。

今年はもっともっとちゃんと更新して行きたいなぁ・・・・と思う次第です。
せっかく続けているんだし。映画と音楽情報だけでもね・・・・・。

というわけで、今回は2006ベストです!

映画館・ビデオ問わず、2006年に観た中でのベスト発表!

1. マッチポイント
やっぱりウディ。緊張感と心理描写。そしてスカーレット・ヨハンソンの初々しい美しさに!久々に私の中でウディ祭りが開催されました(笑)これが好きな方、「軽罪と重罪」は必見ですよ。

2.ブロークン・フラワーズ
「コーヒー&シガレット」も大好きだけど、今年はこれ。ゆるーい間とビル・マーレイの名演。やっぱりジム・ジャームッシュはいいなぁ。

3.ブロークバック・マウンテン
いろんな意味で忘れられない映画。ストーリー、風景、役者、久々に見ごたえのあるドラマを見ました。大好きなジェイク・ギレンホールが大活躍で嬉しい限り。

4. リトル・ミス・サンシャイン
2006年滑り込みで、いい映画を観ました。めちゃくちゃな家族のロードムービーなんだけど、あったかくて見た後ほんわかするような映画です。

「リトル・ミス・サンシャイン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

5. 麦の穂をゆらす風
たまにはこういう映画を観るのもいいですね。思い切り社会派で重いけど、色々考えさせられます。ケン・ローチが職人の仕事を見せてくれます。

6位以下
「そして、ひと粒のひかり」「エリザベスタウン」「ウォーク・ザ・ライン」「ヒストリー・バイオレンス」「イカとクジラ」「シリアナ」「ミリオンズ」・・・・・

昨年は、前半にいい映画を沢山観たなぁ、という感じ。全部で80本見ました。DVDを色々手に入れましたねー。最近はさっぱりですが・・・・

2007年期待の映画

「バベル」・・・菊池凛子ちゃんが数々の映画賞にノミネートされてますね!ブラピ、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナルくんという豪華キャストに加え、監督はあのアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。うーん楽しみ。

「マリー・アントワネット」・・・・ソフィア・コッポラが描く、14歳のマリー・アントワネットの青春。ふけ顔?のキルステン・ダンストがマリーって言うのもすごいけど、予告編の色使いや音楽にもうやられっぱなし。1/20から公開。

「ファウンテン」・・・・あの「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキー最新作。ヒュー・ジャックマンとレイチェル・ワイズ(奥さん)のSF。

「ボラット」・・・・・コメディアンがカザフスタン人のTVジャーナリストに扮し、アメリカ人にドッキリを仕掛けてしまう。皆騙されちゃって、その反応が面白いらしい!MTVを観ている人にはおなじみのボラット。私も最初騙されてました・・・・。

「スパイダーマン3」・・・・あのスパイダーマンの3!!最近予告がやっとTVでやってますね!あぁぁぁ本当に楽しみだ。

「THE SCIENCE OF SLEEP」・・・ミシェル・ゴンドリー最新作。ガエルくんが主演のコメディドラマらしい!?

「ファストフード・ネイション」・・・・リチャード・リンクレイター監督による、ファストフードが与える害についての映画。確か、アヴリル・ラヴィーンも出ていたような。

今気になるのは「エンロン」と「ダーヴィンの悪夢」。シネマライズで上映中。片やエンロンという大企業がいかにして内部情報により崩壊したか、というものと、アフリカである魚を放ったことによってもたらす悪夢の連鎖についてのドキュメンタリー。こういうのはかなり興味あります。

まだまだ気になる映画は沢山。
どれだけ観れるかな?!
[PR]
by usamari | 2007-01-08 00:24 | 映画あれこれ