movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アネット・ベニングがアカデミー主演女優賞にノミネートされた、傑作。いやーーーー痛快っす!!!

才能あふれる舞台女優ジュリア。キャリアも順調、夫との仲も良く、でも満たされない心、そしてまた女優として輝き始めるまでを描く大人の人生ドラマ。

40才過ぎて、容姿も衰えてきて、でも女でいたい気持ち。プライドもあって、若い子に嫉妬もするけど人には見せず、最後に自分の才能で勝負する潔さ。女性なら誰しも共感するはず。

むかーーーし見たベティ・デイヴィスの「イヴの総て」を思い出したけど、あれはもっと女性の「業」を感じて怖かった。あの時代ならああいう終わり方かなという感じだけど、これはもっと現代的。

華やかな舞台、それを取り巻く人間関係、情熱的な恋。アネット・ベニングの表情がコロコロ変わり魅力的でいて、いい年なのに10代のような恋に落ちる彼女は本当にかわいい。アメリカ人なのにイギリスのアクセントも完璧で、無駄な演技がなくて彼女が画面にいるだけで、彼女の一挙一動に目が釘付けです。アメリカン・ビューティでも思ったけど、ホントに才能ある役者だなぁ。

女性がこうやって主役を張れる映画というのは最近あまりないので、とても良かったです。後味もよく、こんな風に生きてみたい!と思わせる素敵な映画。恋を沢山して、自分の肥やしにしたくなる(笑)

ちなみに原題名は「Being Julia」。このタイトルのほうがよかったのに。いい題名だったのになーーー。これを見ると、いつでも、Being myselfでありたいと思えます。

2007.12.2 ★★★★★
[PR]
by usamari | 2008-01-25 14:44 | あ/か/さ行の映画

これから、、、

mixiのほうにUPしていた映画の感想を、どんどんコピーして載せていきます。

昔観たやつですが、せっかくなのでこっちにもUPしようかと。

mixiだと過去のがなくなっていくかもしれないしね。。。
[PR]
by usamari | 2008-01-25 14:43 | diary
あけまして、おめでとうございます。

とはいえ、1月ももうそろそろ終わりになってまいりました。。
もう少し、色々、更新するように頑張ります。せっかく続けてきているので。

というわけで、アカデミー賞ノミネート作品速報です!
アカデミー賞公式サイト
作品賞
『Atonement/つぐない』
『Juno/ジュノ』
『Michael Clayton/フィクサー』
『No Country for Old Men/ノーカントリー』
『There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

主演男優賞
ジョージ・クルーニー『Michael Clayton』
ダニエル・デイ・ルイス『There Will Be Blood』
ジョニー・デップ『Sweeney Todd』
トミー・リー・ジョーンズ『In the Valley of Elah』
ヴィゴ・モーテンセン『Eastern Promises』

主演女優賞
ケイト・ブランシェット『Elizabeth: The Golden Age』
ジュリー・クリスティ『Away From Her』
マリオン・コティヤール『La Vie En Rose』
ローラ・リニー『The Savages』
エレン・ペイジ『Juno』

助演男優賞
ケーシー・アフレック『The Assassination of Jesse James』
ハビエル・バルデム『No Country for Old Men』
フィリップ・シーモア・ホフマン『Charlie Wilson's War』
ハル・ホルブルック『Into the Wild』
トム・ウィルキンソン『Michael Clayton』

助演女優賞
ケイト・ブランシェット『I'm Not There』
ルビー・ディー『American Gangster』
セルシャ・ローナン『Atonement』
エイミー・ライアン『Gone Baby Gone』
ティルダ・スウィントン『Michael Clayton』

いやー、「つぐない」のキーラ・ナイトレイちゃんはダメでしたね。。。残念。
マイケル・クライトンってすっごい評判いいですね!ああいう映画にしては珍しい。個人的には「ノーカントリー」のコーエン兄弟、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン、再びヴィゴと組んだクローネンバーグの「Eastern Promises」が非常に楽しみです。

ケイト・ブランシェットは、ボブ・ディランに扮した「I'm not there」の助演女優賞とWノミネートです!さすがでございます。「JUNO」は単館系で地味ながら、じわじわと人気が出てきたという「リトル・ミス・サンシャイン」的な映画らしいので、頑張って欲しいですね。

ちなみに、「Away From Her」という作品はサラ・ポーリー監督作。初監督で主演女優賞ノミネートってすごいですね。

今年も観たいのがたくさん♪♪

以上速報でしたー!
[PR]
by usamari | 2008-01-23 11:04 | 映画あれこれ