movie+music+love=maimai


by usamari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
b0033799_20122575.jpg


いやーーー良かった。

ペドロ・アルモドバルの最新作。主演のペネロペ・クルスと脇を固める6人の女優が全員カンヌで女優賞に輝いた、というウワサの映画。

ストーリーに関しては、予備知識ナシで見たのですが、それがまた良かったのかも。アルモドバルなら、ハズレなし!というのが改めてわかった。

スペインはラ・マンチャの村の女性達はたくましく、したたかで、美しい。ストーリーはサスペンス、母と娘の確執と許容、そして帰郷への想い、今までのアルモドバルにしてはそこまで変質的でもなく、観やすい作品。冒頭から、あれっ!こう来るか!!と良い意味で期待を裏切られ、テンポ良くストーリーが進んで行き、クギヅケになって思わずラストでは泣いていました。

とんでもないことが起こっていても、彼の映画はそれがサラっとエピソードのひとつ、伏線のひとつとして描かれ、根底にあるテーマがしっかりしているから、ブレることがない。どんなにシリアスなことが起こっていても、コメディのように笑えるかと思いきや次のシーンは残酷な場面だったり、感情の揺さぶり方が名人芸です。

相変わらずカメラワーク、色使いも冴えていて、いくつかのシーンははっとするほど。だから、彼の映画は印象に残るシーンばかり。ペネロペの胸を真上から撮り、包丁を洗うシーン。お母さんが、ベッドの下から娘の足を見ているシーン。真っ赤な血の色。などなど。ペネロペが、ボルベールという歌を歌うシーンは素晴らしい。

ペネロペ!!!トム・クルーズの元彼女、ちょっとカワイイけど・・・あまり好きじゃないなぁと思っていたら!!もう、すごい女優さん。今まで気づかなくてごめんよ。と謝りたくなった。容姿の素晴らしさもさることながら、深みのある演技、感情の表し方に圧倒された。やっぱり英語での映画より、母国の映画がいいんだろう。どんなにみすぼらしい格好をしても、画面に出ているだけで、魅力がスクリーンからあふれ出てくるような女優。

各キャラクターが立っているので、他の女優もそれぞれが主演のよう。それぞれ深みがあります。女は、色んな秘密があり、色んなことがあるけどやはり母親は強く美しい。途切れることのない、母親の愛情を感じます。

ペネロペのスタイル、ファッション、靴がとってもステキだった・・・ため息が出る。あー、この映画について好きなところが沢山ありすぎて、大変。ほんと、アルモドバルの映画は後を引くな・・・。

★★★★★
[PR]
# by usamari | 2007-07-30 20:11 | た/な/は行の映画

坐骨神経痛

お久しぶりです。

お仕事も決まり、さぁこれから!という時に、腰を痛めてしまい。
医者に行ったら「軽い坐骨神経痛です」とのことです。

うーーーん
腰の病気とは無縁だっただけに、痛いのなんのって。
腰が痛いのってこんなに大変だったのね。
世の中のおじいちゃんおばあちゃん、大変だね。日常生活がこんなに不便になるとは。

くしゃみをすると激痛。
前かがみになれないので、床のモノが拾えない。足のつめが切れない。
ジーンズなどパンツがはけない。
座っているだけでだるい。

しかも、健康保険がなかったので病院がバカ高かった。
まぁ、この痛みに比べたらしょうがないか。

お仕事は来週月曜日からにしてもらいました。

健康って、大事ですね。。。
[PR]
# by usamari | 2007-07-30 20:07 | diary
b0033799_04356.jpg


不幸な事故によって息子達をなくした夫婦の、喪失の物語。

ジョン・アービングの原作らしく、さらっとした空気とユーモアに包まれながら、どうしようもない深い喪失感を描く秀作。たぶん、この夫婦は息子の死の前からすでに関係が終わっていたんだろう。ただ単に、その事故がきっかけになっただけ。

新しい場所、新しい幼い娘とやり直すフリをしていたけど、どうしても出来なかった妻。時に子供っぽく、妻にどう接していいかわからない夫。男と女の感じ方の違いかもしれないけど、本当にお互いを信じて、家族というものを求めているのならば、乗り越えられたはずの事ができない。乗り越えても、もう同じ方向を向いていなかった。

ひとつひとつのエピソードがとても良く出来ていて、印象に残る。
特に作家の夫の「この世には開けてはいけない床のドアがある。そんな世界に子供を産んでいいかどうか迷う母親と、産まれていいのかと悩む胎児」の象徴的な話が印象的。人生の中で、誰にでも、開けてはいけない扉がある。わかっていても、いつかは開けてしまうであろう扉。その向こう側には、その人にしかわからない悲劇がある。

浮気を繰り返す夫。夫の助手の、若い男の子と浮気してしまう妻。見て見ぬフリをしながら、家族は続けていけない。幼い子供を産んだことを後悔し、親権を放棄し去ってしまう母親。自分を守るためにはそれしかなかったんだろう。子はかすがいにならない。夫婦って、一体なんだろう。

やっぱりキム・ベイシンガーは素晴らしい女優だ。そこはかとなく漂う色気、女性らしさ、表情だけで見せる深い寂しさ。彼女が去った後も、彼女の存在感の大きさに驚く。無邪気で賢い子供を演じるのは、あのダコタ・ファニングの妹!!末恐ろしい姉妹だ・・・。

ジョン・アービングの作品は、共感できる話は少ないものの、表面的にはユーモアを装いながら時にハッとするようなセリフ、エピソードがあり、私のお気に入り。おそらく人生に対しての真実であろう言葉が、さらっと出てきて色々考えさせられる。

扉を開けたとき、一人の人間であることを悟る。そして、一人で生きていかねばならないことに気づき、誰のものでもない、「自分の」人生を再生する。

個人的にはサイダー・ハウス・ルールよりオススメの、大人の作品でした。

2007.7.10 ★★★★☆
[PR]
# by usamari | 2007-07-11 00:22 | た/な/は行の映画

最近見た映画。

ご無沙汰です。

暑いですね!
部屋のクーラーが壊れ、ピンチな私。。。。扇風機と冷風機?みたいなのでしのいでいますが、夏本番になったら本当にヤバイです。家が暑いって、無職なのに行くところないし、最悪です。

最近見た映画・・・

●有頂天ホテル
結構期待していたんだけどなぁ。
なーんかグダグダ、話も無理やり、香取慎吾の演技もヤバイ・・・・設定はすごく面白いのに。そして出演者は豪華なのに。三谷幸喜・・・・「ラヂオの時間」のころの間やキレはどこへ行ってしまったのでしょう。残念。
★★

●トゥモロー・ワールド
なんでこの邦題にしたんだろう。これじゃ興味沸かないって。
突然変異で子供が産まれなくなった近未来。世界は荒れ果て、各国は鎖国し、望みのない世界で奇跡的に生まれた赤ちゃんを守る物語。なぜ子供が生まれなくなったか、バックグラウンドの説明がなくとってもシンプル。そして迫力のあるカメラワークは秀逸。戦場の長回しは必見です。マイケル・ケインの演技はさすが。見て損はなし。ラストのあっさり感も良い!
★★★☆

●ZODIAC
劇場で。デイビッド・フィンチャー最新作、大好きなジェイク・ギレンホール主演となれば見るしか。そして内容は私の好きな実話サスペンス。実際にいた猟奇殺人犯を追ううちに、追っている側が道を踏み外していくというゾクゾクする話。未解決事件というのがまたそそる。。。長かったけど、最後まで飽きずに見ることができました。フィンチャーぽい映像はあまりなかったけど、その分丁寧に映画を作っていてのめりこんでしまった。さすがです。ま、ファイト・クラブにはかなわないけど(笑)
★★★★

●硫黄島からの手紙
「父親達の星条旗」より好き。アメリカ映画なのに、ここまで日本が作ったような映画は今までなかったんじゃないだろうか。これ日本映画だよ。さすが、やるなぁイーストウッド。
悲しい、感動、というのとはまた違う、現実を淡々と見せ付けられた感じ・・・・本当はもっともっと悲惨だったんだろうけど、映画としてこれは優れていると思います。
★★★☆

●トランスアメリカ
ずーっと見たかった映画。性同一障害の主人公。男だったころ作った子供が、主人公に会いに来る。その子供も男娼で、父親を見たことがない。見た目が全く女性の主人公は、女性になる手術を控え、ひょんなことから子供とN.YからL.Aまで旅をするハメに。しかも自分の身分は明かさず・・・・そして芽生えていく、親子としての絆。でも、お涙頂戴モノではなく、淡々と時におかしく描いていて好感が持てます。そして、のんびりしたアメリカ南部の風景・・・・ロードムービーっていいですね。旅に出たくなります。脚本が良く出来ているし、演技も素晴らしい。主人公は女性だけど、どう見ても「女性になり損ねた男」にしか見えず!これは見るべき。
★★★★★

今年はあまり映画見ていないなぁ・・・原付がなくなったので、ツタヤに行くのが面倒臭くなってしまった(笑)
[PR]
# by usamari | 2007-06-28 20:17 | 映画あれこれ
今まで30年と6ヶ月ほど生きてきましたが。

いまだかつてないほど、ものすごい勢いで色んなことが起こります。
最高の気分と最低の気分を行ったりきたり、の6ヶ月。2007年になってから何かがおかしい!と思ったら、厄年なんですねーーー。

まだ6ヶ月で、10年くらい経った気分。こりゃ老けるの早いわ・・・

こないだ行きつけの美容院の仲良しスタイリストさんに、幸運の水晶ブレスレッドをお借りしました。ずーっとつけていなきゃいけないんだけど、男物だからぶかぶか。でもずっとバッグに忍ばせていますよ。いいことがあるといいな・・・・。でもいいことがあると、悪いことがおきたときの落差が激しいんだよね・・・・・。もー神頼みしかない!と思う今日この頃。

でもでも。
まだまだ人生っていろんなことが起こるんだろうなぁ。

近況

最近良く聞く音楽はザ・フラテリス。アークティックのセカンドアルバムも良いですね。
映画は「ZODIAC」観てきました。ああいうドロドロ、実話ベースのサスペンスは大好きです。ゾクゾクしちゃいました。

アルモドバルの新作(ぺねろぺちゃんが出てるやつ)と、デイビッド・リンチの新作、ウディ・アレンとスカーレット・ヨハンソンの「スクープ」が早く観たいですね。

スカーレットといえば、「プレステージ」観てきましたが、うーん、いまいち。構成やテーマは悪くないけど、別にそれほど面白くもなかったなぁ。という感じ。時代設定や衣装、マジックのねたばらしなんかは面白く観れましたが。相変わらずスカーレットちゃん、エロかったな(笑)

あっ
ちなみに、良く行く美容室の私の担当の子は、こないだミスユニバースに輝いた森なんとかちゃんの応募用写真撮影の担当をした子です。いつの間にか昇進してたし、どんどんビッグになっていくなぁーー。野心家で常に勉強の姿勢を忘れない、いい子ですよ。
[PR]
# by usamari | 2007-06-19 16:57 | diary

わぉ

気がついたら、最後の記事から4ヶ月!!

もう6月かぁ。。。
怒涛の半年。ジェットコースターのようなのぼりくだりの連続でした。

昨日、深川不動堂へ行ってお参りしてきましたが、、、今年は厄年なのです。それも納得するくらいの急激な変化。流れに逆らわず、うまいこと波に乗っていきたいところだけど。。。

とりあえずこれからの目標は「職探し」。
なんでもいいんだったら何でもあるんだろうけど。

-----近況-----

6・5 東京ドームでレッチリのコンサート行ってきます。
8月はサマーソニック2日間参戦決定!

一番最近見て良かった映画は
「プルートで朝食を」
久々にニール・ジョーダン見ました。お勧めです。

今ハマっているのは
アメリカン・アイドル。第六シーズンの優勝者、アメリカではもう決まったので見てないうちに知ってしまって愕然としているところなんですが。

最近は、下町エリアで過ごしていることが多く、日中は隅田川沿いで本を読んだり日光浴、ボーっとしてたりしています。ちょっとお散歩して月島ブラブラ、両国の美味しいビールレストラン行ったり散策してます。

ちょこちょこ更新するよう頑張ります!
[PR]
# by usamari | 2007-06-03 15:14 | diary
b0033799_23474556.jpg

「無実の青年たちは、テロリストとして2年以上も拘束された。絶望的な日々の中、希望を捨てず戦い続けた彼らが、自由を掴むまでの真実の物語。」

イギリスに住むムスリムの若者4人が、テロリストの疑いをかけられ、拘束され、キューバのグアンタナモ湾にある米軍基地に送られ、そこで過ごした日々を詳細に描いた映画。

もちろん実話で、彼らのインタビューを元にドラマ部分が入ります。人権を無視した虐待、拷問。軍による尋問は、コメディ??と思うくらいバカバカしい。オマエはテロリストだ、と責め続け、証拠をでっち上げ、精神を痛めつける。全体的に緊張感があり、見終わった後どっと疲れが出ました。

人質にされたり、アルカイダに惨殺された日本人もいましたが、どんな理由であれ無実の人をああいう形で拘束するのは許されないこと。”テロ撲滅”という大義名分のある国家に対して、個人の無力さを思い知ります。

「イン・ディス・ワールド」や「ウェルカム・トゥ・サラエボ」の監督らしく、訴えかけるものが強く、心に残ります。

今でも、グアンタナモには”疑わしい”という理由だけで、不当に500人もの人が拘束されています。あの基地が閉鎖されることを祈ります。

オフィシャルサイト

2007.2 ★★★★☆
[PR]
# by usamari | 2007-02-20 23:50 | あ/か/さ行の映画

nomination of Academy Award

速報!
79回アカデミー賞ノミネート主要5部門。

------------------
◆作品賞
バベル
ディパーテッド
硫黄島からの手紙
リトル・ミス・サンシャイン
クィーン

◆監督賞
クリント・イーストウッド(硫黄島からの手紙)
スティーヴン・フリアーズ(クィーン)
ポール・グリーングラス(ユナイテッド93)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(バベル)
マーティン・スコセシ(ディパーテッド)

◆主演男優賞
レオナルド・ディカプリオ(ブラッド・ダイヤモンド)
ライアン・ゴズリング(Half Nelson)
ピーター・オトゥール(Venus)
ウィル・スミス(幸せのちから)
フォレスト・ウィテカー(The Last King of Scotland)

◆主演女優賞
ペネロペ・クルス(ボルベール<帰郷>)
ジュディ・デンチ(Notes on a Scandal)
ヘレン・ミレン(クィーン)
メリル・ストリープ(プラダを着た悪魔)
ケイト・ウィンスレット(Little Children)

◆助演男優賞
アラン・アーキン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジャッキー・アール・ヘイリー(Little Children)
ジャイモン・ハンスゥ(ブラッド・ダイヤモンド)
エディ・マーフィ(ドリームガールズ)
マーク・ウォルバーグ(ディパーテッド)

◆助演女優賞
アドリアナ・バラッザ(バベル)
ケイト・ブランシェット(Notes on a Scandal)
アビゲイル・ブレスリン(リトル・ミス・サンシャイン)
ジェニファー・ハドソン(ドリームガールズ)
菊地凛子(バベル)

---------
菊池凛子ちゃん、すげー。硫黄島からの手紙、やったね。驚いたのは、リトル・ミス・サンシャイン。確かに良い映画でノミネートされて嬉しいけど、こんなに大量ノミネートされるとは。アビゲイルちゃんは、助演女優賞だし!びっくりだわ。

超お勧め映画ディパーテッドからは、ジャック・ニコルソンじゃなくてマーク・ウォルバーグ。納得!!マークの演技もハンパじゃなかったっす。だんだんいい味出す俳優になりました。マット・デイモンよりだいぶ好きです。そして、そろそろマーティン・スコセッシに賞をあげたいところ・・・・無冠の巨匠っつーのもカッコイイけど。

なんとレオは、「ブラッド・ダイヤモンド」でのノミネート。ジェニファー・コネリーと共演のこの映画も評判いいっすねー。

作品としては、ビヨンセ「ドリームガールズ」とイギリス「クィーン」がやっぱ観たい。ペネロペちゃんがノミネートされている、ペドロ・アルモバルの「ボルベール」も早く観たい。実力派フォレスト・ウィッテカーの映画も気になる。

うううーん。
また楽しみな季節がやってきました。今年は大作、小作品とバランスが良いのでは。イマイチ興業的にはパッとしないものが揃っている感じだけど・・・作品賞で「ボーラット」くらいのユーモアが欲しいね。あ、それはMTVムービーアワードでやるからいっか。
[PR]
# by usamari | 2007-01-24 00:48 | 映画あれこれ
b0033799_039667.jpg


departed=死者、故人
これは、足を踏み外した死者たちの物語。そして、マーティン・スコセッシの復活の映画。

どうせ、インファナル・アフェアのリメイクでしょ?とあまり期待をせずに見たこの映画。いやーびっくり。いい意味で裏切られました!インファナル・アフェアがエモーショナルでウェットなドラマだとしたら、これはアメリカンスタイルのギャングスタムービー。別物になってます。自分は、香港スタイルでできない、ということをわかっているマーティン・スコセッシは、バックグラウンドを「アイルランド系アメリカ人のギャング映画」ということにし、自分の得意なスタイルでこの映画を作り上げた。天晴れ。

スコセッシといえばデ・ニーロ。今はディカプリオ。ギャング・オブ・ニューヨークとアビエイターでちょっとがっかりした私だけど、この映画では素晴らしいコラボレーションを見せてくれました。ディカプリオの演技が、この映画で飛躍した感じ。彼の映画を全て見ていますが、やっぱいい役者です。この映画の役者は、皆が皆最高の演技を見せています。マット・デイモン、ボールドウィン、マーティン・シーン、そしてそして、ジャック・ニコルソン。いやー老いてなお現役のこのオヤジ。ギラギラしまくってます。アドリブの部分が多かったということだけど、さすがの貫禄。いやらしいオヤジっぷり、ギャングのオーラがビンビン伝わってきます。

そして、最近いい演技をするようになったマーク・ウォールバーグ。口を開けば汚い言葉ばかりのびっくりな役柄だけど、脇役の中でも一番の儲け役?かも。光ってました。

オープニングからタイトル・クレジットまでの部分も、まるで「グッドフェローズ」のようでしびれました。おぉ?これはすごいかも?と鳥肌の立った部分が沢山あって、久々に見ごたえのある映画を見たなぁーという感じ。 ちなみに、スコセッシで好きなのは「グッドフェローズ」と「タクシードライバー」。この2作だけでも、この監督は天才だなぁと思ってしまう。

やっぱ私はギャング映画好きだなぁ。ゴッドファーザーシリーズにマーティン・スコセッシの映画、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ。どうしようもないならず者たちばかりだけど、いつの間にか引き込まれる自分がいます。 なぜか美学を感じてしまう。

主となる部分は同じだけど、クライマックスも違うし、インファナル・アフェアとは別映画になっているので是非映画館で男達の苦悩とスコセッシの職人技を見てください。音楽も最高。
こりゃ評判いいはずだわ。

Viva Gangstar!

Note
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーティン・シーン マーク・ウォルバーグ
2006年 アメリカ

「ディパーテッド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

2007.1.22 ★★★★☆
[PR]
# by usamari | 2007-01-24 00:45 | た/な/は行の映画
b0033799_22352480.jpg「ナイロビの蜂」と立て続けに見た、アフリカを舞台にした映画。1994年のアフリカ。ルワンダで民族対立が原因の大量虐殺事件が発生、欧米諸国や国連の無策が被害を拡大させる中、1200人もの人々をホテルに匿い、話術と知略を武器にその命を守り抜いた一人のホテルマンの奇跡の逸話を映画化。

俗に言う「ルワンダの大虐殺」を映画化。名前は知っていたものの、詳しい内容を知らず恥ずかしい限り。こんなことが行われていて、こんな人がいたのかと改めて知ってよかった。1994年なんて、ついこの間の出来事。たった12年前に、民族同士「ナタ」で殺しあう悲劇が起きていたなんて。今でも、世界のどこかで殺し合いが続き、隣同士が殺しあう。アイルランドの内戦を描いた「麦の穂をゆらす風」を思い出した。

主人公のホテル支配人は、最初家族だけを助けようと思う。でも、大量の死体、難民を見ているうちに家族を逃がして、自分はその難民達のために残ろうと決意する。聖人でもなく、普通の人間だったというのがうまく描かれていて、彼の苦悩に共感する。

やりきれないのは、ルワンダを見捨てる国連、各国の軍隊。これがイランやイラク、サウジアラビア、石油の取れる国であれば各国はこぞって軍を送って介入するくせに、何の価値も見出せないと後は勝手に殺し合いでもやってくれ、と軍を撤退させてしまう。何のために国連はあるのか?印象に残るのは、ジャーナリストのフォアキン・フェニックスが虐殺の映像を撮り、ニュースに載せるという。それを聞いた主人公が

「よかった、これで各国が助けに来てくれる」
「来なかったら?」
「あの映像を流したら来るさ」
「あのニュースを見ても、「酷いわね」と言ってディナーを続ける。そんなもんさ」

というやりとり。これは、私を含む日本人、先進国、世界中に言えること。その通りで、だからこそ恐ろしい。

「知る」ということは大事なこと。最初、この映画は日本で公開される予定はなかったけど、各映画祭での高い評判、ドン・チードルの演技の素晴らしさを観たいと一部の映画ファンが署名してやっと実現。こういう映画はどんどん公開して、皆が「知る」べきなのに、その機会さえ失われるところでした。

「ナイロビの蜂」と「ホテル・ルワンダ」を続けて観て、アフリカの様々な問題と歴史を知って思ったことがひとつ。世界は、アフリカがこのまま貧困と混沌の国であることを望んでいるんじゃないか・・・・そのほうが、他の先進国が儲かる。世界はそういう風に出来ているんじゃないか。そんな恐ろしいことを考えてしまった。

とにかく、この2本は見てほしい。と思わせる映画でした。

Note
監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル ソフィー・オコネドー ホアキン・フェニックス ニック・ノルティ
2004年 イギリス/イタリア/南アフリカ

2007.1.15 ★★★★★
[PR]
# by usamari | 2007-01-15 22:35 | た/な/は行の映画